北海道日本ハム栗山監督、堀を中2日で先発に抜擢したワケ 「人間にはもっと幅がある」

Full-Count 石川加奈子

2019.5.1(水) 08:45

北海道日本ハム・堀瑞輝※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)
北海道日本ハム・堀瑞輝※写真提供:Full-Count(写真:石川加奈子)

4月28日の福岡ソフトバンク戦から中2日で1日の埼玉西武戦にショートスターターとして先発

■北海道日本ハム – 埼玉西武(1日・メットライフ)

 北海道日本ハムの堀瑞輝投手が1日、敵地での埼玉西武戦に今季初先発する。打者3人に投げた先月28日の福岡ソフトバンク戦から中2日という異例の抜擢。ショートスターターとして埼玉西武打線封じが期待される。今季は4月5日に1軍昇格すると、リリーフとして10試合に登板。1勝0敗1ホールド、防御率0.96と安定した数字を残している。

 ドラフト1位で入団した高卒3年左腕の成長を栗山英樹監督は高く評価している。堀の先発が公表される前、29日福岡ソフトバンク戦の試合前にはこんな話をしていた。

「(投手を)タイプで分けちゃいけないと思っている。人間にはもっと幅があって『先発も短いのもできる』と思っていてもらわないと、見えなくなってしまうものがあると思う。特に瑞輝なんかは何でもできるよね。今は先発もできるし、抑えもできるし。彼のどっちにでも行ける状況をいつもつくっていてあげて、自分の行きたいところに行かせてあげるというのが自分の仕事だと思っている」

先輩の宮西からも評価「切り替えができるし、内容も悪くない」

 今回の先発抜擢は投手陣の台所事情によるところもあるだろうが、大きな可能性を秘めた左腕の潜在能力を引き出すための栗山流育成術の一つと言える。堀の負けん気の強さに一目置くのは、入団から11年連続50試合以上登板して前人未到の300ホールドを達成した宮西尚生投手だ。

 28日の福岡ソフトバンク戦、4点リードの8回に登板した堀は、安打と失策で無死一、二塁とされた。続く上林を左飛に打ち取り、甲斐を迎えた場面で降板を告げられ、宮西にマウンドを譲った。甲斐を併殺打に仕留めて今季10個目のホールドを記録した宮西は、ベンチに戻った時に堀と交わした会話について教えてくれた。

「冗談風に『ごっつぁんです』と言ったら『すごく悔しい』という話をしてきた。それはいいこと。あいつの成長になる。周りから見たら、まだ頼りなさがあるんじゃないかな。でも、悔しがる姿を見せることは大事だし『俺でもできる』というアピールは大事。俺は若い頃は打たれても交代させられてもキレていたよ(笑い)。監督からどうやって信頼されるかというと、結果以外にも態度とか考え方とかあると思う。きついところで攻める気持ちのピッチングをみんな見ているから、接戦で投げる姿は大事。あいつは経験少ないけど、リリーフの適性があるよ。切り替えができるし、内容も悪くない」

 球界を代表するベテランからそんな褒め言葉をもらった堀。3日前の悔しさを晴らすような投球を見せてくれるはずだ。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

記事提供:Full-Count

記事提供:

Full-Count 石川加奈子

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE