【ファーム】オリックスが9回2死からサヨナラ勝利‼ 山足達也選手が決める

2019.3.20(水) 17:11 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ  山足達也選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山足達也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月20日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたウエスタン・リーグ公式戦、オリックス対福岡ソフトバンクは3対2でオリックスがサヨナラ勝ち。本拠地開幕戦を白星で飾った。

 福岡ソフトバンクは2回表、先頭の5番・美間優槻選手の四球、6番・谷川原健太選手の二塁打などで1死2,3塁のチャンスを作ると、8番・増田珠選手の内野ゴロの間に3塁走者が先制のホームを踏む。

 先制を許したオリックスは3回裏、2死から2番・山足達也選手が福岡ソフトバンク先発・大竹投手から三塁打を放つと、続く3番・ロメロ選手が同点の適時打。1対1と試合を振り出しに戻す。

 同点のまま迎えた5回表、福岡ソフトバンクは先頭の1番・三森大貴選手の内野安打、3番・真砂勇介選手の安打などで1死1,2塁のチャンス。ここで4番・長谷川勇也選手がオリックス先発・山崎颯一郎投手から適時打を放ち、2対1と勝ち越した。
 
 1点リードを守りたい福岡ソフトバンクだったが、7回裏から登板した2番手・古谷優人投手がオリックス打線に捕まる。オリックス先頭の7番・宗佑磨選手の四球、8番・飯田大祐選手の犠打などで1死3塁とし、9番・宜保翔選手の適時打で再び同点に追いついた。 

 粘るオリックスは9回裏2死から、宜保選手、後藤駿太選手の連打で1,3塁と一本出ればサヨナラの場面を迎える。ここで山足選手がライナー性の打球を放つと、左翼手がダイビングキャッチを試みたが、わずかに捕球ならず。オリックスが3対2で勝利した。

関連選手記事/PLAYER