【ドラフト】北海道日本ハム単独指名の吉田輝星 根尾&藤原を「プロの舞台では抑えたい」

2018.10.25(木) 18:04 Full-Count 篠崎有理枝
北海道日本ハムが交渉権獲得に対してコメントをした金足農・吉田輝星※写真提供:Full-Count(写真:篠崎有理枝)
北海道日本ハムが交渉権獲得に対してコメントをした金足農・吉田輝星※写真提供:Full-Count(写真:篠崎有理枝)

北海道日本ハムの本拠地北海道は「また雪のある場所」

 2018年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が25日、都内のホテルで行われ、大きな注目を集めていた金足農の吉田輝星投手は北海道日本ハムが交渉権を獲得した。朗報が届いた直後、会見場に姿を見せた右腕は「うれしいです。高校生から言った先輩が活躍しているので自分も活躍したい。いろいろ順位考えたけど、早く決まってほしかった。入団できることに感謝しています」と語った。

 侍ジャパンU-18でチームメートだった根尾と小園に4球団、藤原には3球団が競合し、吉田への入札はなし。クジを外した9球団による再入札となると、北海道日本ハムが“外れ1位”で単独指名。一本釣りに成功した。

「球界を代表するピッチャーになりたい。日の丸を背負って戦えるピッチャーになりたい。ホームランバッターがたくさんいるので、その人たちと勝負したい」と会見で語った吉田。ドラフト1位で中日に指名された根尾と千葉ロッテに指名された藤原について問われると「甲子園では自分の納得する抑え方ができなかった。プロの舞台では自分が抑えたい。ストレートをしっかり投げ込みたい」と意気込んだ。

 北海道への印象を問われると「秋田も雪が降る。質のいい雪がたくさんある。また雪のある場所かと」とイメージを語る吉田。「まだストレートが完成していないので、自分が納得できるストレートを磨きたい。常時150キロを超えて、球の質を意識したい。持ち味がストレートなので、ストレートで勝負したい。155キロくらいを目指して頑張りたい」と意気込んだ吉田。プロ野球選手としての第一歩を北の大地で踏み出すことになりそうだ。

(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM