【ファーム】福岡ソフトバンク対中日は引き分け 勝連大稀が同点打

パ・リーグ インサイト

2023.6.29(木) 16:27

福岡ソフトバンクホークス・勝連大稀選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・勝連大稀選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月29日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと中日のウエスタン・リーグ公式戦第14回戦は、福岡ソフトバンクが4対4の引き分けに終わった。

 福岡ソフトバンクの先発・高橋礼投手は初回、4安打と2四死球で6者連続出塁を許し2点を先制される。3回表には、2死2、3塁のピンチで2者連続適時打を浴び2失点。4回9安打3四死球3奪三振4失点の内容で降板した。

 打線は1回裏、周東佑京選手の内野安打と2四球で2死満塁とすると、九鬼隆平選手が走者一掃の適時二塁打を放ちすぐさま逆転に成功する。1点ビハインドで迎えた4回裏には、2死2塁から勝連大稀選手の適時打で同点に。

 9回裏は、2死から笹川吉康選手が三塁打を放ちサヨナラの好機をつくるも、後続が倒れ試合終了。5人のリリーフ陣が無失点でつなぐも、打線にあと一本が出なかった。

  123456789 計
中 202000000 4
ソ 300100000 4

中 仲地礼亜-福島章太-砂田毅樹-田島慎二-谷元圭介
ソ 高橋礼-佐藤宏樹-中村亮太-泉圭輔-嘉弥真新也-又吉克樹

文・井口縁

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を配信中!

関連リンク

試合詳細/動画
ハニーズ「豚の耳カチューシャ」はじめました
侍ジャパンを“データ”で支えた男たち。アナリストにインタビュー
ウエスタン・リーグ順位/個人成績

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE