草創期から日本一まで、杜の都を支えた司令塔。嶋基宏の活躍を映像で振り返る

パ・リーグ インサイト 望月遼太

嶋基宏選手(C)パーソル パ・リーグTV
嶋基宏選手(C)パーソル パ・リーグTV

創設3年目から13年間にわたって、主力捕手として東北楽天を支え続けた

 東京ヤクルトの嶋基宏選手が、2022年シーズン限りで現役を引退し、東京ヤクルトのバッテリーコーチに就任した。嶋選手は2007年から2019年まで13年間にわたって、東北楽天の主力捕手として活躍。創立3年目で戦力の乏しかった時期からチームを支え続けた、球団草創期における功労者でもあった。

 2013年に東北楽天が球団初の日本一に輝いた時も、嶋選手はチームリーダーとして躍進に大きく貢献。また、2012年12月からは日本プロ野球選手会の会長を5年間にわたって務めるなど、球団内外における人望の厚さでも知られる存在だった。

 今回は、そんな嶋選手の球歴をあらためて見ていくとともに、嶋選手が東北楽天の一員として見せてきたプレーの数々を、映像とともに紹介。東北楽天の歴史を紐解くうえで欠かすことのできないレジェンドの雄姿を、今一度振り返っていきたい。

入団当初は打撃が課題も、不断の努力で3割打者へと成長を遂げた

 嶋選手がNPBで記録した、年度別成績は下記の通り。

嶋基宏選手 年度別成績(C)PLM
嶋基宏選手 年度別成績(C)PLM

 嶋選手は2006年の大学生・社会人ドラフト3巡目で東北楽天に入団。大卒1年目の2007年から125試合に出場し、早くも主力の座に定着した。ルーキーイヤーは打率.183と打撃面が大きな課題となっていったが、飽くなき努力で徐々に克服。4年目の2010年には自身初の規定打席に到達し、打率.315を記録する大活躍を見せた。

 翌2011年のシーズン開幕前には東北地方を未曾有の大震災が襲ったが、当時選手会長を務めていた嶋選手は、「見せましょう、野球の底力を」という言葉で被災地の人々を勇気づけた。そして、それから2年後の2013年には、チームは悲願の日本一に。嶋選手も不動の正捕手として攻守に躍動し、チームの中心的存在の一人として優勝に大きく寄与した。

 翌年以降もグラウンド内外でチームを支え、入団から12年連続で80試合以上に出場。その期間中は全て2桁の犠打を記録した点も特筆もので、優れた選球眼を活かした出塁率の高さも含め、まさに縁の下の力持ちとしていぶし銀の働きを見せ続けた。

 2020年に東京ヤクルトに移籍してからは選手としての出番こそ減少したものの、2021年以降はほぼ年間を通してコーチ補佐として一軍に帯同。精神的支柱として後輩たちに豊富な経験を還元し、若手の多いチームのリーグ連覇にも陰ながら貢献を果たしてみせた。

 ここからは、嶋選手が杜の都で見せてきた活躍を、パーソル パ・リーグTVの映像とともに振り返っていきたい。

力投のエースに報いるサヨナラ打(2013年6月3日)

【劇的すぎる】嶋基宏 エースの声援を受け、延長戦制するサヨナラ打

 2013年の田中将大投手はシーズン24勝無敗という快挙を達成したが、それを女房役として支えたのが他ならぬ嶋選手だった。この試合では完封目前の9回に中日打線に捕まり同点に追いつかれたが、同点で迎えた延長11回に嶋選手が試合を決めるサヨナラ打。ベンチから大きな声で声援を送っていた田中投手に報いる、文字通りの殊勲の一打となった。

田中将大投手の連勝記録を継続させた、値千金のサヨナラ打(2013年7月26日)

【田中将大が開幕14連勝】楽天、嶋基宏の安打でサヨナラ勝ちし抱擁

 田中投手はこの試合まで無傷の13連勝を続けていたが、2本塁打を浴びて9回表を終えた時点で1点ビハインド。しかし、その裏に打線が奮起し同点に追いつくと、最後は嶋選手が粘りに粘り、11球目を捉えて劇的なサヨナラ打。エースに土壇場で白星をもたらした女房役によるこの値千金の一打なくして、シーズン24連勝という歴史的偉業も成しえなかった。

フライバントを素手で捕球してダブルプレーを生み出す(2015年6月10日)

【4回表】イーグルス・嶋が好判断!! 素手キャッチからの一塁送球ダブルプレー!! 2015/6/10

 チームが逆転を許してなお一死1,2塁という状況で、相手のバントはキャッチャーへの小フライに。このフライを嶋選手は素手でキャッチし、すぐさま一塁に送球して併殺を成立させた。とっさの機転と高精度の送球という持ち味が活きた、嶋選手らしい好プレーだ。

大ピンチを切り抜けた直後に主審をフォロー(2019年5月2日)

イーグルス・嶋 球審と接触するも… 捕球後に素早いフォロー

 1点ビハインドの5回裏、二死満塁という絶体絶命の場面。この状況で小フライを捕球しようとした嶋選手は、思わず主審と激突してしまう。しかし、嶋選手は無事ボールを捕球した直後に、すぐさま倒れた主審を気遣った。極限のピンチを切り抜けてからわずか1秒未満でフォローに回れるところに、多くの人に慕われた嶋選手の人格がうかがえよう。

現役最後の本塁打も全力疾走でベースを一周(2019年5月15日)

計測しがいのある男イーグルス・嶋 今日もHRで全力疾走

 嶋選手は通算26本塁打と決して長距離砲というタイプではなかったが、2015年以降は本塁打を打った後に全力疾走でホームまで帰ってくることでも知られた。この動画で取り上げられた一打は嶋選手にとって現役生活最後の本塁打となったが、ベテランの域に差し掛かってもなお、どんな状況でも決して手を抜かない嶋選手らしい姿勢が示されていた。

走攻守の全てにおいて全力を尽くし、司令塔としてチームを支え続けた

 捕手としての高い能力を示す守備面での活躍だけでなく、かつては苦戦していた打撃でも努力の末に芸術的な右打ちを習得。全力疾走と巧みなスライディングでファンを沸かせた走塁面や、周囲への気配りを欠かさないプレー以外での側面も含め、その活躍は多くの人の心に残るものだった。

 東北楽天を、そして球界全体を引っ張るだけのリーダーシップを示し、2010年代のNPBを支えた嶋選手。草創期のチームとともに成長を遂げていった杜の都の司令塔が、イーグルスにもたらした数々の無形の財産は、2013年のチームが放った輝きとともに、ファンの心にいつまでも残り続けることだろう。

文・望月遼太

関連リンク

26年ぶりの日本一へ。オリックスの“変化”と“上積み”に迫る
8年越しのドラマを生んだ「10.2」。“伝説の2014年”を知る選手たちの活躍を振り返る
奇跡の逆転優勝で連覇達成。チーム一丸で苦境を越えた、オリックスの2022年を振り返る
鷹退団へ。記憶にも記録にも残る、“熱男”松田宣浩の功績
抜群の制球力は今も健在。内海哲也の球歴と、その存在がライオンズにもたらすものとは?

記事提供:

パ・リーグ インサイト 望月遼太

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE