福岡ソフトバンクは好相性の東浜巨でファイナル進出なるか。対する埼玉西武は今井達也

パ・リーグ インサイト

2022.10.8(土) 18:54

福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手と埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手と埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月9日の14時から、PayPayドームで福岡ソフトバンクと埼玉西武の「2022 パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ第2回戦が行われる。前日の試合では投打がかみ合った福岡ソフトバンクが勝利し、ファイナルステージ進出へ王手をかけた。

【今季対戦成績】福岡ソフトバンク(2位)対埼玉西武(3位)14勝10敗1分

【福岡ソフトバンク】東浜巨投手 23試合10勝(5位)6敗、防御率3.11
【埼玉西武】今井達也投手 9試合5勝1敗、防御率2.41

 福岡ソフトバンクの先発は東浜巨投手。今季、埼玉西武に対して7試合に登板し3勝1敗、防御率2.20を記録するなど、リーグで一番の好相性を見せる。5月11日にノーヒットノーランを達成したのも、PayPayドームでの埼玉西武戦。柳田悠岐選手、周東佑京選手らを擁する打線も好調を維持しており、連勝で「パーソル CS パ」ファイナルステージ進出を決めたい。

 後がない埼玉西武は今井達也投手にマウンドを託す。福岡ソフトバンクとは今季、7月29日の1試合のみ対戦しており、同登板では6回2失点で白星を挙げている。また、今井投手はレギュラーシーズンで自身5連勝中と状態もいい。打線は苦手としている東浜投手だが、9安打7得点の猛攻で土を付けた8月18日の試合のように攻略できるか。

文・小野寺穂高

関連リンク

パ・リーグ順位表/個人成績
東浜巨 選手名鑑
今井達也 選手名鑑
【動画】周東佑京『満塁チャンスで初球とらえて貴重なタイムリー!!』
「パーソル CS パ」ファーストステージを制すのは? 福岡ソフトバンクと埼玉西武の今季対戦を振り返る

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE