山口航輝の逆転弾で千葉ロッテが勝利! 福岡ソフトバンクはリーグ優勝目前で粘れず

パ・リーグ インサイト

2022.10.2(日) 21:37

千葉ロッテマリーンズ・山口航輝選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・山口航輝選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月2日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第25回戦は、5対3で千葉ロッテが勝利した。
 
 千葉ロッテ先発の小島和哉投手は初回、先頭の三森大貴選手にいきなり一発を浴び1点を失う。4回表には柳田悠岐選手にも被弾したが、それ以外は持ち前の安定感ある投球。5回6安打2失点の投球内容で打線の援護を待つ。

 一方の打線は、相手先発・板東湧梧投手に対し再三好機をつくりながらも、あと一本がでず。2対0のまま試合は後半へ突入した。

 6回表から代わった岩下大輝投手が中軸を3者凡退に抑え、勢いを呼び込む。打線は6回裏、2番手・泉圭輔投手から安田尚憲選手の二塁打などで1死1、2塁の好機をつくると、続く山口航輝選手の試合をひっくり返す16号3ランで逆転に成功した。

 7回表は東條大樹投手が無失点に抑える。すると直後の7回裏には2四球で1死1、2塁とし、中村奨吾選手、安田選手の連続適時二塁打で2点を追加。8回表には1点を返されたが、9回表をオスナ投手が締め、試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、山口航輝選手が殊勲の逆転弾。投手陣も最少3失点に抑え、シーズン最終戦を白星で締めくくった。シーズン成績は69勝73敗1分で、最終順位は5位に終わった。

 一方、「M1」としながらも敗れた福岡ソフトバンクは、2本塁打で序盤はペースをつくりながらも、投手陣が粘れず。終盤には意地を見せたが、3点差が重くのしかかった。オリックスが勝利したため、目前で優勝がこぼれ落ちた。

  123456789 計
ソ 100100010 3
ロ 00000320X 5

ソ 板東湧梧-●泉圭輔-甲斐野央-嘉弥真新也-津森宥紀-大関友久
ロ 小島和哉-○岩下大輝-東條大樹-小野郁-Sオスナ

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画
パ・リーグ順位表/個人成績
【動画】山口航輝が逆転3ランを放つ!
三森大貴が先頭打者弾「勝つことだけを考えて」
【動画】柳田悠岐『勇気100倍!2試合連続・逆方向ソロ弾』

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE