今宮健太が勝ち越しタイムリー! 福岡ソフトバンクがマジック「4」に

パ・リーグ インサイト

2022.9.26(月) 21:27

福岡ソフトバンクホークス・今宮健太選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・今宮健太選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月26日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第24回戦は、2対1で福岡ソフトバンクが本拠地シーズン最終戦を勝利で飾った。

 福岡ソフトバンクの先発は東浜巨投手。初回を3者凡退で立ち上がると、以降は走者を出しながらも要所を締める投球を続ける。援護したい打線は5回裏、三森大貴選手が死球を受けて出塁し、2度の盗塁で3塁まで進塁。すると牧原大成選手の打席で佐々木朗希投手が暴投し、ラッキーな形で先制点を得た。

 直後の6回表、東浜投手から嘉弥真新也投手、泉圭輔投手と継投するもそれぞれが安打を許し、同点に。しかし打線は8回裏に柳田悠岐選手とデスパイネ選手の連打で好機を得ると、今宮健太選手の適時打で勝ち越しに成功する。最終回はモイネロ投手がリードを守り、2対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクはチャンスであと一本が出ず、苦しい展開が続いたが8回裏に今宮選手の適時打で大きな1点を奪取。この勝利でマジックを「4」とした。一方敗れた千葉ロッテは、先発の佐々木朗希投手が6回2安打5奪三振1失点と粘投も、打線が援護できず。3番手・東條大樹投手も踏ん張り切れなかった。

  123456789 計
ロ 000001000 1
ソ 00001001X 2

ロ 佐々木朗希-西野勇士-●東條大樹
ソ 東浜巨-嘉弥真新也-泉圭輔-松本裕樹-○藤井皓哉-Sモイネロ

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画
【動画】三森大貴『死球・三振・三振…単騎で本塁を駆け抜ける』
今宮健太 選手名鑑
森唯斗がプロ初先発で驚愕の"遅球"を披露!
明石健志引退セレモニー全文「本当にプロでやっていけるのかなと」

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE