小深田大翔の逆転2号3ランで東北楽天が勝利! 先発・岸孝之が今季8勝目

パ・リーグ インサイト

2022.9.11(日) 17:00

東北楽天ゴールデンイーグルス・小深田大翔選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・小深田大翔選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月11日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と千葉ロッテの第25回戦は、3対2で東北楽天が勝利した。

 東北楽天の先発・岸孝之投手は初回から3イニング連続で3者凡退に抑える完璧な立ち上がりを披露。しかし4回表、中村奨吾選手の安打などで1死1、3塁のピンチを迎えると、山口航輝選手の犠飛で先制を許す。さらに井上晴哉選手、安田尚憲選手から連打を浴び、スコアを0対2とされた。

 一方の打線は相手先発・小島和哉投手の前に7回までわずか2安打に抑え込まれたが、8回裏に2番手・唐川侑己投手から代打・渡邊佳明選手の安打、山崎剛選手の二塁打などで1死2、3塁の好機を演出。続く小深田大翔選手から2号3ランが飛び出し、逆転に成功する。

 1点リードで迎えた9回表は松井裕樹投手がマウンドへ。四球を許すも最後は安田選手をゴロに打ち取り、3対2で東北楽天が逆転勝利を収めた。

 東北楽天は、先発・岸投手が今季最長の8回を投げ、4安打2失点の好投を披露。8月4日以来の白星で今季8勝目とし、自身の通算150勝へ王手をかけた。打線は小深田選手がスタメン起用に応える逆転3ランを放ち、試合を決めた。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発・小島投手が7回2安打無失点と好投するも、唐川投手がリードを守り切れず。チームの連勝も3でストップした。

  123456789 計
ロ 000200000 2
楽 00000003X 3

ロ 小島和哉-●唐川侑己
楽 ○岸孝之-S松井裕樹

文・山本理絵

関連リンク

試合詳細/動画
小深田大翔 選手名鑑
【動画】辰己涼介『超捕球!唯一無二の“守備範囲の広さ”』
今季8勝目!岸孝之
シーズン終盤を盛り上げるアイテムも!パ6球団担当者イチオシグッズ

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE