応援と感動、コロナ禍以前の球場の姿を今年こそ。「感動の輪を広げようデー」が福岡・大阪で開催

パ・リーグ インサイト

2022.9.10(土) 16:00

イベント当日のPayPayドームの様子
イベント当日のPayPayドームの様子

 8月12日(金)福岡PayPayドーム、8月28日(日)京セラドーム大阪でパ・リーグ6球団共同企画「感動の輪を広げようデー」が開催されました。同イベントは、⻑引くコロナ禍で失われてしまった球場での感動や興奮、⼀体感を取り戻すための日本MA-T工業会とパシフィックリーグマーケティングによる共同プロジェクト「パ・リーグ6球団感動の輪を広げようプロジェクト」の一環として開催。6球団の本拠地横断で行ってきた同イベントも、京セラドームが最後の開催地となります。

 PayPayドームでは「パ・リーグ6球団共同企画 MA-Tウィルウォッシュ 感動の輪を広げようデー」、京セラドームでは「パ・リーグ6球団共同企画 A2Care MA-T感動の輪を広げようデー」とそれぞれ題されたイベントの様子をレポートしていきます。

PayPayドームでは来場者にMA-Tマウスケア商品を配布

サンプリングの様子
サンプリングの様子

 PayPayドームではマウスケア商品「MA-Tウィルウォッシュ」が入場ゲートで配布されたほか、球場外にはストラックアウトでMA-T商品が獲得できる特設ブースも展開。小さなお子様のいるご家族から友達同士などたくさんの来場者がストラックアウトに挑戦し、試合開始前のひと時を楽しんでいました。

PayPayドーム場外特設ブース
PayPayドーム場外特設ブース

 試合開始前のグラウンドでは、一般社団法人日本MA-T工業会 専務理事 安達宏昭さんと一般社団法人ハミングバード 代表理事 荻原優子さんより、ホークスの代表選手へ「MA-Tウィルウォッシュ」の贈呈式や、日本MA-T工業会会員 メロディアン株式会社 代表取締役社長 中西優紀雄さんの始球式などが行われました。

商品贈呈を行ったお二人
商品贈呈を行ったお二人

 始球式を務めた中西さんは千賀投手の大ファン。この日のために千賀投手モデルのグローブを購入し投球練習に励んだとのこと。練習の甲斐あって、中西さんが放ったボールは見事キャッチャーのグローブに。観客からたくさんの拍手が送られる中、試合開始の運びとなりました。

PayPayドームでの始球式の様子
PayPayドームでの始球式の様子

京セラドームではスタメンキッズも!

京セラドーム場外特設ブース
京セラドーム場外特設ブース

 京セラドームでは場外特設ブースでのストラックアウトのほか、全来場者を対象としたラッキー抽選会を開催。当選者にはMA-T成分が配合された除菌消臭剤「A2Careマイクロミストスプレーセット」がプレゼントされました。

 「MA-T」とは「要時生成型亜塩素酸イオン水溶液」のことで、通常はほぼ水に近い状態でありながら、反応すべきウイルスや菌が存在する時に、必要な分だけウイルスや菌を攻撃・分解するメカニズムを持ち、高い安全性と強い除菌力を両立させた革新的な除菌剤のこと。PayPayドーム・京セラドーム共に今回のイベントでMA-T商品を初めて手にした方が多く、興味深そうに商品を眺めていたのが印象的でした。手指衛生と口腔衛生は効果的な感染対策の一つ。今後もこのような商品を使用しながら、安心安全に野球観戦を楽しみたいですね!

場内にはいたるところにA2Careキャンペーンキャラクター宝塚歌劇団月組 夢奈瑠音さんを起用した広告が
場内にはいたるところにA2Careキャンペーンキャラクター宝塚歌劇団月組 夢奈瑠音さんを起用した広告が

 試合開始前のグラウンドでは、オリックスの代表選手へ「A2Careマウスウォッシュ」の贈呈式が行われ、日本MA-T工業会特別会員 株式会社アプリコット 代表取締役社長 荻原弘子さん、日本MA-T工業会会員 山仁薬品株式会社 代表取締役社長 関谷康子さんの2名がプレゼンターを務めました。

贈呈式の様子
贈呈式の様子

 スタメンキッズには小学生9名が参加。バックネットの前あたりに整列し、スタメン選手の登場がコールされるのに合わせてタオルを掲げ、子どもたちの名前も一緒にコールされます。子どもたちはとても緊張した顔つきでしたが、無事大役を果たしました。 

 参加した子どもたちは選手の直筆サインボールを貰い、大事そうに持ちながら眺めている姿がとてもかわいらしく、「これからもずっと応援する」と話してくれた笑顔はとても輝いていました。

スタメンキッズ参加の子どもたち
スタメンキッズ参加の子どもたち

 始球式を務めたのは、日本MA-T工業会特別会員 クリーン・テクノロジー株式会社 代表取締役 淡路敏夫さん。当日が70歳の誕生日で古希を迎えられたそうで(場内のアナウンスでも紹介)、背番号も70。投球を終えると球場の温かい拍手に包まれながら充実した表情でマウンドを降りました!

始球式を務めた淡路敏夫さん
始球式を務めた淡路敏夫さん

 シーズンはいよいよクライマックス。ここ一番の勝負となる試合や、CS、日本シリーズなどは球場がファンで埋め尽くされることが予想されます。球場での感動や興奮、⼀体感を取り戻しつつある今、観戦に行く際は感染症対策をしっかりと行い、みんなで作る安心安全な空間の中で、選手たちを後押しするエールを送っていきましょう!

「パ・リーグ6球団感動の輪を広げようプロジェクト」詳細はこちら

関連リンク

今年は球場で思い出をたくさん作ろう!「“正しい衛生対策で”スポーツとエンタメを楽しもう!フォーラム」が開催
安全で楽しいプロ野球観戦を! 札幌ドームでイベントを実施
球場でしか味わえない体験を。「A2Care MA-T感動の輪を広げようデー」が開催

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE