本拠地防御率0点台の佐々木朗希は7勝目なるか。対する鷹は周東佑京の快速で攻略へ

パ・リーグ インサイト

2022.8.9(火) 21:45

千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月10日の18時から、ZOZOマリンスタジアムで千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第16回戦が行われる。今季、無安打無得点投球を達成した右腕同士の投げ合いが実現した。

【今季対戦成績】千葉ロッテ(5位)対福岡ソフトバンク(2位)5勝10敗

【千葉ロッテ】佐々木朗希投手 14試合6勝2敗、防御率1.89
【福岡ソフトバンク】東浜巨投手 16試合6勝5敗、防御率2.87

 千葉ロッテは、佐々木朗希投手が先発マウンドへ。チームは今季、福岡ソフトバンクに対し本拠地で1勝8敗と苦戦しているが、佐々木投手自身は8試合で完全試合を含む3勝0敗、防御率0.48と驚異的な成績を残している。得意のZOZOマリンスタジアムで、チームを勝利に導く投球を見せられるか。

 対する福岡ソフトバンクは、周東佑京選手に注目だ。前日の試合ではセーフティバントを含む内野安打2本、1盗塁と持ち味の脚力を存分に発揮。一塁から単打で一気に本塁へ生還する場面もあった。好投手攻略へ、この試合でもまずは塁に出てチャンスをつくりたい。

文・吉村穂乃香

関連リンク

パ・リーグ順位表/個人成績
佐々木朗希 圧巻の完全投球動画はこちら
東浜巨の"準完全試合"を動画で
周東佑京 成績/動画
8月より全国のゲームセンター・オンラインクレーンゲームにて、パ・リーグ6球団デザインのプライズが登場!

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE