2位浮上と勢いに乗る埼玉西武は松本航が先発。荻野貴司は記録達成なるか

パ・リーグ インサイト

2022.7.11(月) 22:01

 7月12日の18時から、ベルーナドームで埼玉西武と千葉ロッテの第11回戦が行われる。

【今季対戦成績】埼玉西武(2位)対千葉ロッテ(4位)5勝5敗

【埼玉西武】松本航投手 10試合5勝2敗、防御率3.55
【千葉ロッテ】本前郁也投手 6試合2勝1敗、防御率2.59

 埼玉西武は松本航投手が先発。ここ3試合はいずれも6回以上を投げ、3失点以内に抑えている。今季のチームは救援陣が好成績を残している一方で、平良海馬投手がリーグトップの41登板、水上由伸投手が3位の35登板とやや負担が増えているのが心配なところ。松本投手はより長いイニングを投げられるか。

 対する千葉ロッテは荻野貴司選手に注目。今季は故障で出遅れたが、合流後は32試合で打率.267としている。自身通算250盗塁へあと「1」。今カードで躍動し、記録達成といきたい。

文・丹羽海凪

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE