栗山巧が本塁打で本拠地通算1000本安打を達成! 埼玉西武が逃げ切り4連勝

パ・リーグ インサイト

2022.6.28(火) 21:36

埼玉西武ライオンズ・栗山巧選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・栗山巧選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月28日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムの第12回戦は、5対2で埼玉西武が4連勝を飾った。

 埼玉西武は初回から相手先発の上原健太投手を攻め立てた。川越誠司選手の内野安打、源田壮亮選手の四球で無死1、2塁とすると、森友哉選手の適時打で幸先よく先制に成功。さらに外崎修汰選手、栗山巧選手にも適時打が生まれ、3対0とした。

 一方、先発の松本航投手は初回を3人で終えるも、2回表に近藤健介選手の適時打で1点を失う。3回表には2死3塁から松本剛選手の一打で1点差に詰め寄られた。一方の打線は先制後も好機はつくったが、得点に結びつけることができない。

 松本投手は、6回表に招いた2死満塁のピンチをしのいだところで降板。6回95球6安打4奪三振2四球2失点という内容だった。2番手以降は水上由伸投手、平良海馬投手がそれぞれ走者を出しながらも無失点でつなぐ。

 すると8回裏、1死1塁から栗山巧選手の打球が一直線にスタンドへ。球団史上初となる本拠地通算1000本安打を本塁打で達成し、待望の追加点を挙げた。リードを3点として迎えた9回表を増田達至投手が3人で締め、5対2で試合終了。

 埼玉西武は、先発の松本投手が6回2失点。1点差に詰め寄られた後は粘投でリードを守り切り、今季5勝目を手にしている。打線も先制以降得点できないもどかしい展開が続いたが、栗山選手の本塁打で追撃を振り切った。

 北海道日本ハムは、上原健太投手が4回78球6安打2奪三振2四球3失点。2試合連続となる初回の3失点が響き、2敗目を喫した。打線では、故障から一軍に復帰した近藤選手が第1打席にいきなり適時打を放つ活躍を見せている。

  123456789 計
日 011000000 2
西 30000002X 5

日 ●上原健太-西村天裕-福田俊-鈴木健矢
西 ○松本航-水上由伸-平良海馬-S増田達至

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】松本航 満塁のピンチを切り抜けて6回2失点
【動画】内角に投げ込んだ!水上由伸 見逃し三振でピンチ脱出
【動画】外崎修汰 ファインプレーでピンチ拡大を防ぐ
【動画】栗山巧 ホームランで本拠地通算1000本安打を達成

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE