定番から旬のスポットまで! 福岡PayPayドーム周辺を満喫する1日観光プラン

2022.6.22(水) 18:00 パ・リーグ インサイト
球場周辺の観光地紹介 福岡PayPayドーム編(C)PLM
球場周辺の観光地紹介 福岡PayPayドーム編(C)PLM

 パ・リーグ全6球団の「本拠地球場の周辺観光スポット」を紹介する本特集も、今回が最終回となりました。第6弾は福岡ソフトバンクホークスのホーム・PayPayドームの周辺を巡ります。それではさっそく博多駅から出発しましょう!

12:00に博多駅をスタート

博多駅 【写真提供:福岡市 】
博多駅 【写真提供:福岡市 】

↓ 博多口から徒歩1分
12:10 博多バスターミナル
↓ 西鉄バス(312) 能古渡船場方面
12:35 福岡タワー南口 バス停

福岡タワーで空中散歩

福岡タワー 【写真提供:福岡市】
福岡タワー 【写真提供:福岡市】

 海浜タワーの中で日本一の高さを誇る〈福岡タワー〉から見える景色は最高です。展望室に設置されたVR双眼鏡を覗くと、まるで空を飛んでいるかのような体験ができます。さらに巨大なカプセルトイ「天空ガチャ」は、あまりの大きさに二度見してしまうほど。中身は全7種、九州のご当地フィギュアをゲットしましょう!

【住所】福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3−26
【営業時間】9:30~22:00(入館締切21:30)
【休館日】2022年は6月27、28日
【URL】https://www.fukuokatower.co.jp/

↓ 徒歩数分

シーサイドももち海浜公園をお散歩

シーサイドももち海浜公園 【写真提供:福岡市】
シーサイドももち海浜公園 【写真提供:福岡市】

 〈福岡タワー〉のすぐ側にある〈シーサイドももち海浜公園〉は、多くの人で賑わうビーチです。博多湾を眺めながら海辺を歩いて、穏やかな時間を過ごしましょう。敷地内には複合商業施設〈Marizon〉も。地元人気店のパンやコーヒーがいただける〈The Little Market BELLS〉には、ぜひお立ち寄りを!

【住所】福岡県福岡市早良区百道浜2丁目902-1
【Marizon営業時間】各店舗による
【Marizon定休日】各店舗による
【URL】https://www.marizon-kankyo.jp/

↓ 徒歩6分
15:35 福岡タワー南口 バス停
↓ 西鉄バス(306)博多駅方面
15:43 PayPayドーム バス停
↓ 徒歩数分

BOSS E・ZO FUKUOKAで野球を学ぶ

王貞治ベースボールミュージアム(C)SoftBank HAWKS
王貞治ベースボールミュージアム(C)SoftBank HAWKS
89パーク(C)SoftBank HAWKS
89パーク(C)SoftBank HAWKS

 PayPayドームの目の前にある〈BOSS E・ZO FUKUOKA〉は、様々なエンターテインメントが楽しめる施設。4階にある〈王貞治ベースボールミュージアム〉は、福岡ソフトバンクホークスファンなら必見です。ヒステリーゾーンで王貞治さんの球史を振り返り、89パークでは野球に関する15のアトラクションを制覇! 観戦の前に野球に触れ、ボルテージをあげていきましょう!

【住所】福岡県福岡市中央区地⾏浜2-2-6
【営業時間】各店舗による(王貞治ベースボールミュージアムの営業時間は平日11:00~20:00、土日祝10:00~20:00)
【定休日】無休
【URL】https://e-zofukuoka.com/

↓ 徒歩数分

PayPayドームでナイター観戦

PayPayドーム(C)SoftBank HAWKS
PayPayドーム(C)SoftBank HAWKS

 入場したら飲食物を購入して、試合開始に備えましょう。現在感染対策のため、ラッキー7と勝利時のジェット風船は禁止されていますが、代わりに「応援キャノンバット」や「応援クラッカー」で盛り上げています。こちらもぜひご準備を。

※以降は試合が約3時間半で終了したことを想定。
↓ 徒歩15分
21:48 唐人町駅
↓ 福岡市地下鉄空港線 福岡空港方面
21:54 天神駅
↓ 徒歩数分

屋台街で祝杯をあげる

屋台【写真提供:福岡市】
屋台【写真提供:福岡市】

 福岡に来たら屋台での飲食は欠かせないのではないでしょうか。お客さん同士の席も近いため、地元の人と今日の試合について語り合いながら杯を交わせるかもしれません。たくさんあるお店の中でイチオシなのは、渡辺通りにある〈長浜ラーメンおかもと〉です。あの博多華丸・大吉さんも絶賛するお店だけあって、料理は絶品です! 

【営業時間】各屋台による
【定休日】各屋台による
【URL】http://yatai.fukuoka.jp/

☆屋台の豆知識☆
日本で屋台が始まったのは江戸時代です。現在のスタイルになったのは、第二次世界大戦後のこと。戦争で店舗を失った人たちが生活のために始めましたが、衛生面や道路使用の問題などの規制が厳しくなり、徐々に数を減らしていきました。しかし福岡市は何とかこの文化を残そうと、1996年に「屋台問題研究会」を発足し、営業を続けるための問題解決に取り組みました。今でも多くの屋台で賑わっているのは、このような背景があるからです。

↓ 徒歩数分

mizuka Unmanned Hotelに宿泊

 SNSでオシャレと話題のデザイナーズホテルに宿泊。無人ホテルのため価格もリーズナブルです。ホテルは天神駅や赤坂駅から徒歩圏内に複数あり、部屋のタイプもそれぞれで異なります。室内から川が見渡せる部屋がある「Nakasu 5」や1日1室限定のシアターテラス付ルームがある「Daimyo 7」は特におすすめ。洗練された空間で、ゆっくり休みましょう。

【住所】福岡県福岡市内(宿泊する施設による)
【施設一覧】Nakasu 1、Nakasu 5、Imaizumi 1、Imaizumi 2、Imaizumi 4、Daimyo 1、Daimyo 3、Daimyo 4、Daimyo 6、Daimyo 7
【チェックイン】16:00
【チェックアウト】11:00
【宿泊費】1泊素泊まり(2名1室利用時)¥5,040~
【URL】https://mizuka.co.jp/ja

野球観戦はやっぱり生がよかろうもん

 魅力的な場所が多く、少しタイトなスケジュールになってしまいました……。しかし予定がズレても交通の便が良いので安心です。屋台からホテルまでは徒歩で行けるので、夜更かしして飲み歩くのもOK! 思う存分福岡の街を満喫してください。

 全6球団それぞれのスポットをお伝えしてきましたが、行ってみたいと思ったところはありましたか? 「全部行きたくなった!」との声が聞けたら嬉しいです。ぜひSNSに感想をお寄せください。

 シーズンはまだ始まったばかり。全制覇も夢ではありません! 現地に足を運んでプロ野球をもっと楽しみましょう!

※各公共交通機関の運行状況やお店の営業時間は、新型コロナウイルスの影響で記載と異なる場合があります。詳しくは駅係員または、店舗にお問い合わせください。

文・北村彩実

#1 球場周辺の観光地紹介 札幌ドーム編
#2 球場周辺の観光地紹介 楽天生命パーク宮城編
#3 球場周辺の観光地紹介 ベルーナドーム編
#4 球場周辺の観光地紹介 ZOZOマリンスタジアム編
#5 球場周辺の観光地紹介 京セラドーム大阪編

関連リンク

「かわいい」が集結 パ・リーグ6球団マスコットグッズ特集2022
定番アイテムにアパレルも 6球団担当者に聞いた、この春のおすすめ新作グッズは?
PayPayドーム“No1売り子”は今年がラスト 1試合でビール409杯売り上げた秘訣
【四天王】「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeで再生回数が傑出している現役パ選手は?

関連チーム記事/TEAM