和田毅が6回8奪三振無失点の好投も、打線が奮わず福岡ソフトバンクがカード3連敗

2022.6.12(日) 16:01 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月12日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと東京ヤクルトの「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、0対3で福岡ソフトバンクが敗れ、交流戦の勝率を5割で終えた。

 福岡ソフトバンクの先発は和田毅投手。3回表、2死から塩見泰隆選手に初安打となる二塁打を浴びるも、後続を断つなど立ち上がりの3回を無失点に抑える。一方、援護したい打線は相手先発の高橋奎二投手の前に、1回裏から4回裏まで毎回走者を出すも得点につながらず、5回まで無得点に終わる。

 先発の和田投手は6回表まで投げ切り、リリーフ陣に託す。7回表は2番手の藤井皓哉投手が連続三振を奪うなど、3者凡退に打ち取った。しかし8回表、3番手の又吉克樹投手が1死2塁とピンチを迎えると、長岡秀樹選手の適時二塁打、塩見選手の10号2ランで3点を先制された。

 直後の8回裏は、2死から正木智也選手の二塁打で得点圏に走者を置くも、後が続かずここも無得点に。9回裏も2塁まで走者を進めたが、結局高橋投手の前に9回無失点に抑えられ試合終了。

 敗れた福岡ソフトバンクは先発の和田投手が、6回1安打2四球8奪三振の好投。しかし3番手の又吉投手がつかまり、3敗目を喫した。打線も相手先発の高橋投手の前に9回6安打無得点に抑えられ、このカード3連敗となった。

  123456789 計
ヤ 000000030 3
ソ 000000000 0

ヤ ○高橋奎二
ソ 和田毅-藤井皓哉-●又吉克樹-松本裕樹

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】和田毅 6回1安打8奪三振無失点の好投
【動画】藤井皓哉 リリーフの役割を完璧に果たす3者凡退
【動画】松本裕樹 満塁のピンチも無失点で切り抜ける
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!キャンペーン実施中!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM