サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

田中将大が8回3失点(自責点2)と力投するも、打線が沈黙。東北楽天が敗戦

2022.6.7(火) 20:45 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月7日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と広島の「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、1対3で東北楽天が敗戦した。

 東北楽天の先発・田中将大投手は、2回から3イニング連続で3者凡退に抑えるなどテンポ良く相手打線を打ち取っていく。ところが5回表、2死1、2塁のピンチを背負うと、會澤翼選手、野間峻祥選手の連続適時打で2点を先制される。

 打線は6回裏、小深田大翔選手の安打などで得た1死1、3塁の好機から、島内宏明選手の内野ゴロの間に1点を返し、スコアは1対2に。

 しかし8回表、田中投手は野間選手に二塁打、菊池涼介選手に内野安打を許し、1死1、2塁のピンチを招くと、味方の失策により1点を失う。試合は再び2点を追いかける展開となった。

 9回表を2番手・宋家豪投手が無失点に抑えるも、1対3で迎えた9回裏は3者凡退に打ち取られ試合終了。東北楽天は、田中投手が8回91球7安打7奪三振3失点(自責点2)の粘投を披露するも、打線が計3安打1得点と沈黙。8回裏には1死1、3塁の好機を得たが、あと一本が出なかった。

  123456789 計
広 000020010 3
楽 000001000 1

広 ○床田寛樹-森浦大輔-S栗林良吏
楽 ●田中将大-宋家豪

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】田中将大 変化球で3球三振!
【動画】マルモレホスの好捕
【動画】小深田大翔 堅実な守備でアウトを奪う
フレッシュな“プロ初”から待望の“今季初”まで。「初」記録特集!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM