大関友久が6回1失点の好投も、救援陣が粘れず福岡ソフトバンクが敗戦

2022.6.4(土) 17:20 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・大関友久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月4日、バンテリンドームで行われた中日と福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、2対4で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクの先発は大関友久投手。1回裏にA.マルティネス選手に4号ソロを浴びて先制点を許す。2回裏にも1死満塁と攻められるが、併殺打に打ち取り切り抜けた。

 打線は4回表、牧原大成選手の安打などで2死1、2塁とすると、中村晃選手の適時打で試合を振り出しに戻す。5回表には、先頭の周東佑京選手が三塁打でチャンスを演出すると、渡邉陸選手が適時二塁打を放ち逆転に成功した。

 打線の援護を受けた大関投手は、直球を軸に中日打線を抑えていく。6回76球3安打1四球6奪三振1失点の内容でマウンドを後にした。しかし7回裏から登板した津森宥紀投手が、2死1、2塁から溝脇隼人選手に2点適時三塁打を打たれ、試合をひっくり返された。

 8回裏にも適時打を許してリードを広げられると、打線も中日救援陣を最後まで攻略できず試合終了。敗れた福岡ソフトバンクは、先発した大関投手が6回1失点の力投を見せたが、救援陣が誤算だった。

  123456789 計
ソ 000110000 2
中 10000021X 4

ソ 大関友久-●津森宥紀-嘉弥真新也-松本裕樹
中 高橋宏斗-○祖父江大輔-ロドリゲス-S R.マルティネス

文・木村圭

関連リンク

試合詳細はこちら
適時二塁打を放った渡邉陸の選手名鑑
6回1失点の力投を見せた大関友久の動画をチェック
6月11・12日はタカガール♡デー!心タカ鳴る2日間を楽しもう!

関連チーム記事/TEAM