サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

千賀滉大が先制犠飛&4勝目。デスパイネにも今季初本塁打が生まれ鷹が快勝

2022.6.3(金) 21:56 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・千賀滉大投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・千賀滉大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月3日、バンテリンドームで行われた中日と福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、6対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は、千賀滉大投手。初回、2回と走者を出しながらも無失点で抑えると、3回裏は3者凡退で終えて流れをつくる。直後の4回表、打線は今宮健太選手、柳町達選手の連打と甲斐拓也選手の犠打で1死2、3塁とすると、9番打者として打席に入った千賀投手が自らを援護する犠飛を放ち、1点を先制した。

 千賀投手は4回裏、5回裏と3人ずつで抑え、自ら稼いだ1点のリードを守る。しかし6回裏、先頭の鵜飼航丞選手に対し、緩い変化球を続けて左飛に抑えたところでまさかの負傷降板。その後は嘉弥真新也投手、藤井皓哉投手と継投し、0点でしのいだ。

 7回裏は4番手・津森宥紀投手が走者を出しながらも無失点で抑えると、直後の8回表、四球と今宮選手の安打などで、無死2、3塁と絶好の追加点のチャンスを得る。ここで、柳町達選手の打球は内野ゴロになり3塁走者が生還。さらに8番・甲斐拓也選手が適時打を放つと、続く代打・デスパイネ選手には今季初本塁打となる2ランが生まれ、5対0とした。

 8回裏は板東湧梧投手がピンチを招きながらも無失点に抑えると、9回表には野村勇選手の適時二塁打でさらに1点を追加。6点リードの9回裏は笠谷俊介投手が登板し、3者凡退のピッチングで試合を締めくくった。

 勝利した福岡ソフトバンクは、終盤に打線が畳み掛け快勝。先発の千賀投手が6回途中にアクシデントで降板するも、救援陣が好投を見せて完封リレーとなった。好調の今宮選手は、今日も猛打賞の活躍。5.1回2安打1四球無失点の千賀投手は4勝目をマークし、2位・東北楽天とのゲーム差を「1.5」とした。

  123456789 計
ソ 000100041 6
中 000000000 0

ソ ○千賀滉大-嘉弥真新也-藤井皓哉-津森宥紀-板東湧梧-笠谷俊介
中 ●大野雄大-山本拓実-谷元圭介-田島慎二

文・波多野瞭平

関連リンク

試合詳細はこちら
千賀滉大の選手名鑑はこちら
ホームランを放ったデスパイネをチェック
若手の台頭と実力者の復活。福岡ソフトバンクの強力打線に要注目!
6月11・12日はタカガール♡デー!心タカ鳴る2日間を楽しもう!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM