岸孝之が4回3失点と振るわず。序盤からリードを許した東北楽天が中日に敗戦

2022.6.2(木) 21:06 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月2日、バンテリンドームで行われた中日と東北楽天の「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、2対3で東北楽天が敗れた。

 東北楽天の先発は岸孝之投手。初回、無死3塁のピンチを招くと、鵜飼航丞選手に適時内野安打を許し、先制点を奪われてしまう。続く2回裏にも、1死2塁から三ツ俣大樹選手に適時打を浴びると、3回裏には木下拓哉選手の適時打で再び失点するなど、序盤から苦しい投球が続いた。

 岸投手は4回裏を3者凡退でしのぐも、この回限りで降板。5回裏からは2番手・石橋良太投手が登板し、6回裏まで中日打線を無安打に抑え込む好リリーフを見せる。

 追いかける形となった打線は、序盤から好機をつくりながらも、得点につなげられない。しかし7回表、先頭の4番・島内宏明選手の安打などから無死満塁のチャンスをつくると、鈴木大地選手と銀次選手の内野ゴロで2点を返す。

 1点差で迎えた7回裏からは西口直人投手、鈴木翔天投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑え、味方の反撃を待つ。しかし9回表はR.マルティネス投手の前に3者凡退で倒れ、2対3で試合終了。

 敗れた東北楽天は先発の岸投手が4回87球7安打1四球4奪三振3失点と精彩を欠き、今季2敗目。後を受けた救援陣は無失点でつないだものの、打線が中日投手陣の前に5安打、7回裏の好機で挙げた2得点にのみにとどまり、カード負け越しとなった。

  123456789 計
楽 000000200 2
中 11100000X 3

楽 ●岸孝之-石橋良太-西口直人-鈴木翔天
中 ○松葉貴大-清水達也-ロドリゲス-祖父江大輔-S R.マルティネス

文・和田信

関連リンク

試合詳細はこちら
2回無失点の好リリーフ!石橋良太の選手名鑑はこちらから
【脳トレ60秒】クイズ『これパテレ行き 〜上級編〜』
銀次のしずく『打撃技術が凝縮された濃縮一滴の安打』まとめ
鉄平流・プロになるための練習【教えて! 鉄平先生! Vol.3】

関連チーム記事/TEAM