サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

田中将大が6回2失点の好投&小深田大翔が3安打1盗塁を記録するも、東北楽天が中日に惜敗

2022.5.31(火) 20:51 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月31日、バンテリンドームで行われた中日と東北楽天の「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、0対2で東北楽天が敗北を喫した。

 東北楽天は、田中将大投手が先発。球界屈指の右腕は今日も初回から支配的な投球を展開し、3回裏までを無失点に抑える素晴らしい立ち上がりを見せる。4回裏には阿部寿樹選手に6号ソロを浴び先制点を許してしまうが、その後もテンポ良く投げ込み、5回裏までを1失点に抑えた。

 援護したい打線だったが、中日の先発・小笠原慎之介投手の前にあと一本が出ず、6回表終了時点で無得点。その裏、ビシエド選手に6号ソロで追加点を挙げられるも、後続を抑えた田中投手は6回6安打2失点と先発の役目を果たして降板した。

 後を受けた救援陣は酒居知史投手、鈴木翔天投手、西口直人投手で7回裏、8回裏を無失点でつなぎ、2点を追いかける展開のまま試合は最終回へ。先頭の小深田選手が安打出塁するも、相手守護神・R.マルティネス投手の前に打線がつながらず、0対2で試合終了。

 東北楽天は、田中投手が6回2失点の好投で今季8度目のQSを記録するも4敗目。打線では、小深田選手が猛打賞、浅村選手も2安打を記録したが、中盤の得点機をいかすことができなかった。

  123456789 計
楽 000000000 0
中 00010100X 2

楽 ●田中将大-酒居知史-鈴木翔天-西口直人
中 ○小笠原慎之介-ロドリゲス-SR.マルティネス

文・村井幸太郎

関連リンク

試合詳細はこちら
小深田大翔 動画はこちら
鉄平流・プロになるための練習【教えて! 鉄平先生! Vol.3】
思い出多い“パテレ”の現場へ!【谷口雄也が綴る、Fビレッジ・カウントダウン】
選手の好プレーをラインナップ「パ・リーグ Exciting Moments β」

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM