山本由伸が粘りの投球で8回無失点&今季4勝目! オリックスが連敗を止める

2022.5.14(土) 17:00 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月14日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第8回戦は、1対0でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発は山本由伸投手。初回を3者凡退に切って取ると、2回以降も安定感のある投球を見せる。3回表には、一死3塁と得点圏に走者を置くも、三直併殺に打ち取りピンチを切り抜けた。その後も走者を背負いながら、要所を締めるさすがの投球を続ける。

 打線は1回裏、この日がプロ初先発の佐藤奨真投手の立ち上がりを攻める。先頭の1番・福田周平選手が直球を捉え、フェンス直撃の二塁打を放ち出塁。すると続く2番・宗佑磨選手の中前打に相手の失策が絡み、2塁走者が一気にホームイン。先制に成功する。

 山本投手は、終盤も粘り強く攻撃をしかける千葉ロッテ打線を退け、リードを守り切る。8回表には、先頭の代打・福田秀平選手に二塁打を浴びるなど1死1、3塁とされるも、佐藤都志也選手を併殺で得点を与えず。山本投手は8回を投げ切り、無失点の好投でマウンドを降りた。

 最終9回表は、守護神・平野佳寿投手が登板。四球で走者を出すも、味方の好守備にも助けられ試合を締めた。勝利したオリックスは山本投手が熱投。8回118球5安打3四球9奪三振無失点の投球内容でわずか1点のリードを守り切り、4月9日以来、約1カ月ぶりとなる白星を手にした。

 一方敗れた千葉ロッテは、相手を上回る5安打を放つも、あと一本が出ず。プロ初先発で6回1失点(自責点0)と好投した佐藤奨投手を援護することができなかった。

  123456789 計
ロ 000000000 0
オ 10000000X 1

ロ ●佐藤奨真-東條大樹-小野郁
オ ○山本由伸-S平野佳寿

文・谷島弘紀

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】山本由伸 切れ味抜群の変化球!
【動画】宗佑磨 先制を呼び込むセンターへのヒット!
【動画】山本由伸 ピンチを切り抜けるさすがの投球
【二軍動画】新加入のマッカーシーがホームラン!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM