千葉ロッテが1カ月ぶりの連勝。美馬学は6回2失点で今季初勝利をマーク

2022.5.12(木) 17:13 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・美馬学投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・美馬学投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月12日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と千葉ロッテの第8回戦は、5対2で千葉ロッテが勝利。1カ月ぶりの連勝となった。

 千葉ロッテの先発は美馬学投手。2回以降は毎回安打を許しながらも、要所を締めて4回までを無失点に。5回裏に山崎剛選手の適時三塁打と自身の暴投で2点を失ったが、リードは譲らず、6回99球7安打1四球4奪三振2失点でマウンドを降りた。

 打線は2回表、岡大海選手の2号2ランで先制に成功。4回表にはマーティン選手の二塁打で好機をつくり、エチェバリア選手の適時二塁打で1点を追加、7回表にもエチェバリア選手の二塁打と松川虎生選手の犠打で1死3塁から、野選の間に追加点を挙げた。

 以降は7回裏を東條大樹投手が無失点でつなぐと、8回表にレアード選手の3号ソロでリードを3点に広げる。8回裏はゲレーロ投手、9回裏は益田直也投手が無失点でつなぎ、5対2で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、美馬投手が6回2失点で今季初勝利をマーク。打線では本日一軍に合流したマーティン選手が1安打1四球で得点に絡む活躍を見せ、岡選手、エチェバリア選手、安田尚憲選手も2安打を放った。

 敗れた東北楽天は、先発の岸孝之投手が6.1回8安打1四球3奪三振4失点の内容。打線は8安打を放ちながらも2得点とあと一本が出ず、11連勝から一転して連敗を喫した。

  123456789 計
ロ 020100110 5
楽 000020000 2

ロ ○美馬学-東條大樹-ゲレーロ-S益田直也
楽 ●岸孝之-石橋良太-西垣雅矢-小峯新陸

文・東海林諒平

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】岡大海の2号先制2ラン
【動画】エチェバリア 三塁線を破るタイムリー
【動画】美馬学 ピンチを切り抜ける
【動画】レアード 約1カ月ぶりとなる3号ソロ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM