山岡泰輔が防御率0.89でリーグトップに。大城滉二の一発などでオリックスが5月初勝利

2022.5.10(火) 21:36 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月10日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムとオリックスの第7回戦は、4対2でオリックスが勝利した。

 オリックスは初回、北海道日本ハムの先発・加藤貴之投手から1死2塁のチャンスをつくると、中川圭太選手の適時二塁打で幸先よく先制に成功。なおも2死1、3塁の場面で中川選手がホームスチールを決め、2点目を追加する。さらに3回表には大城滉二選手に1号ソロが生まれ、3対0とリードを広げた。

 一方先発の山岡泰輔投手は初回、先頭打者に二塁打を許すも後続を3人で切って取り、3回までを無失点に抑える立ち上がりを見せる。4回裏には1死1塁から野村佑希選手に一発を浴びるも、その後は要所をしっかり締めるピッチングで6回までを2失点にまとめた。

 その後も山岡投手は好投を続け、8回7安打無四死球9奪三振2失点の内容で降板。9回表には野口智哉選手が貴重な追加点となる適時二塁打を放ち、リードを広げる。そして9回裏、後を託された守護神・平野佳寿投手が無失点に封じ、4対2でオリックスが勝利。連敗を7で止めた。

 勝利したオリックスは、先発の山岡投手が4月8日の千葉ロッテ戦以来5試合連続QSとなる8回2失点の好投で今季3勝目。防御率も0.89としリーグ単独トップに躍り出た。

 敗れた北海道日本ハムは、先発した加藤貴之投手が5回6安打3失点の内容。野村選手に一発が生まれるも、打線がつながらず2連敗。なお、石川直也投手が2019年9月27日以来となる本拠地での登板を1回無失点に抑え、見事な復活を見せた。

  123456789 計
オ 201000001 4
日 000200000 2

オ ○山岡泰輔-S平野佳寿
日 ●加藤貴之-吉田輝星-宮西尚生-石川直也-玉井大翔

文・村井幸太郎

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】中川圭太 フェンス直撃の先制タイムリー!
【動画】大城滉二 昇格初日に2年振りのホームランを放つ!
【動画】野口智哉のタイムリーツーベース

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM