山口航輝が勝ち越し弾を含む3安打4打点の大活躍! 石川歩は7回3失点で3勝目

2022.4.30(土) 17:43 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・山口航輝選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・山口航輝選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月30日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第5回戦は、7対3で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは初回、高部瑛斗選手、中村奨吾選手の連打などで2死1、3塁とすると、5番・山口航輝選手が初球をレフトへはじき返し、1点を先制する。

 先発の石川歩投手は2回表、無死2、3塁から松本剛選手、清宮幸太郎選手に連続適時打を浴び、逆転を許す。なおも1死2、3塁のピンチでは、9番・淺間大基選手の内野ゴロの間に1点を失った。

 2点を追う打線は3回裏、2死から佐藤都志也選手、レアード選手の連打で1、2塁のチャンスをつくると、山口選手が2打席連続の適時打を放ち、1点差に詰め寄る。5回裏には無死満塁から、レアード選手の併殺打の間に3塁走者が生還。さらに2死3塁の場面で、山口選手に3号2ランが生まれ、2点のリードを得た。

 石川投手は序盤こそ得点を許したものの、以降は本塁を踏ませない投球を披露。結局、7回6安打6奪三振3失点の内容でマウンドを降りた。8回表をゲレーロ投手が無失点で抑えると、直後の8回裏は、高部選手の適時打などで2点を挙げ、スコアは7対3に。4点リードの最終9回表は、東條大樹投手が無失点で締めて試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の石川投手が7回3失点の力投で3勝目をマーク。打っては、山口選手が3安打1本塁打4打点、高部選手は3安打1打点1盗塁の活躍を見せた。一方敗戦した北海道日本ハムは、先発の上沢直之投手が5回9安打1本塁打2四球5失点と振るわず。打線では、松本剛選手が3安打1打点と躍動したものの、大量失点が痛手となった。

  123456789 計
日 030000000 3
ロ 10103002X 7

日 ●上沢直之-古川侑利-谷川昌希
ロ ○石川歩-ゲレーロ-東條大樹

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】エチェバリア 華麗なランニングスロー
【動画】山口航輝 2打席連続タイムリー
【動画】山口航輝 今度は勝ち越し2ラン!
千葉ロッテが「BLACK SUMMER WEEKEND」を2年連続で開催。期間中は特別ユニを着用

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM