【ファーム】真砂勇介が3安打2打点の活躍! 福岡ソフトバンクが7得点の猛攻で勝利

2022.4.30(土) 17:55 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・真砂勇介選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・真砂勇介選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月30日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンク対阪神のウエスタン・リーグ公式戦第5回戦は、7対5で福岡ソフトバンクが勝利。連敗を「5」で止めた。

 福岡ソフトバンクは初回、2死2塁とチャンスをつくり、デスパイネ選手の適時打、渡邉陸選手の適時三塁打など、5連打で4点を先制する。2回裏にも佐藤直樹選手の適時二塁打で追加点を挙げ、序盤から5点のリードを奪った。

 福岡ソフトバンクの先発は奥村政稔投手。初回、2回と無失点に抑えていたが、3回表、先頭の高寺望夢選手の三塁打で無死3塁のピンチを迎え、続く江越大賀選手の犠飛で1点を返される。4回表にも、陽川尚将選手の適時打で3点差に。打線は4回裏、無死1、2塁から真砂勇介選手の適時二塁打で、再び4点差とする。

 6回から継投に入った福岡ソフトバンクは、6回表を尾形崇斗投手が3者凡退に抑えると、6回裏には真砂選手の本日2本目となる適時打でリードを広げる。しかし7回表、3番手の中村亮太投手が2死満塁のピンチを招くと、走者一掃の適時二塁打で3失点。続くピンチは重田倫明投手が踏ん張り、リードを守った。2点差で迎えた9回表は甲斐野央投手が3者凡退で締め、試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の奥村投手が5回6安打1四球7奪三振2失点の力投で今季初勝利。重田投手も同点のピンチを無失点に抑える好救援を見せた。打線では、真砂選手が2本の適時打を含む3安打2打点の活躍など、11安打7得点を奪った。

  123456789 計
神 001100300 5
ソ 41010100X 7

神 ●佐藤蓮-岡留英貴-伊藤将司-ケラー
ソ ○奥村政稔-尾形崇斗-中村亮太-重田倫明-S甲斐野央

文・成田理亮

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

ハイライト動画はこちら
【動画】真砂勇介 タイムリーツーベース!
【動画】デスパイネ 痛烈な当たりの先制タイムリー!
【動画】佐藤直樹 ライト線へのタイムリー
【動画】甲斐野央 3者凡退で試合を締める!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM