近藤健介の決勝打で北海道日本ハムがサヨナラ勝ち! 上沢直之は5回無失点

2022.4.10(日) 18:10 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・近藤健介選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・近藤健介選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月10日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと東北楽天の第3回戦は、3対2で北海道日本ハムがサヨナラ勝ちを収めた。

 北海道日本ハムの先発・上沢直之投手は、落ち着いた投球で東北楽天打線を次々と打ち取る。5回表には2死満塁とされたが、2番・山崎剛選手を内野ゴロに打ち取り、5回2安打3四球6奪三振無失点で後続に託した。

 上沢投手を援護したい打線は4回裏、先頭の2番・松本剛選手が内野安打をもぎ取ると、1死1塁から4番・清宮幸太郎選手がセンターへ適時二塁打を放ち、先制に成功。さらに6回裏は、1番・淺間大基選手のセーフティバントなどで得た2死1、2塁の好機から、5番・アルカンタラ選手の適時打で貴重な1点を追加した。

 ところが2点リードの7回表、3番手・上原健太投手が無死満塁のピンチを招くと、1番・西川遥輝選手の2点適時二塁打で同点に追い付かれ、試合は振り出しに。8回、9回は両チームともに無得点に終わり、2対2のまま延長戦へ突入した。

 10回表は、2イニング目の北山亘基投手が走者を出しながらも無失点で抑えると、10回裏は先頭の淺間選手が安打で出塁。続く松本剛選手は犠打を決め、1死2塁とチャンスを拡大する。ここで、近藤健介選手が5球目を右中間へ運び、3対2で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、上沢投手が5回無失点の好投。同点で迎えた9回表、10回表を、この日23歳の誕生日を迎えた北山投手が無失点投球を見せると、直後の10回裏に近藤選手がサヨナラ打を放ち、延長戦までもつれた熱戦を制した。

 一方敗戦した東北楽天は、先発の瀧中瞭太投手が6回6安打2四球5奪三振2失点の粘投を披露。西川選手の同点タイムリーが生まれ、延長戦まで持ち込むも、計5安打2得点に終わった。

  12345678910  計
楽 0000002000  2
日 0001010001X 3

楽 瀧中瞭太-福井優也-安樂智大-津留崎大成-●松井裕樹
日 上沢直之-玉井大翔-上原健太-堀瑞輝-○北山亘基

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】清宮幸太郎 均衡を破る適時二塁打!
【動画】アルカンタラ 貴重な追加点を挙げる
【動画】23歳の誕生日を迎えた北山亘基が好リリーフ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM