サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

ロメロが6回無失点の好投! 千葉ロッテが接戦を制し4連勝

2022.4.5(火) 21:14 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・ロメロ投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・ロメロ投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月5日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの第1回戦は、2対0で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテの先発は、ロメロ投手。初回を3者凡退に切って取ると、2回裏には無死満塁のピンチを招いたが、後続をピシャリと抑え流れを渡さない。しかし一方の打線は序盤から北海道日本ハムの先発・上沢直之投手を攻め立てるも、好機で一打が生まれずにいた。

 試合が動いたのは4回表、無死1、2塁からエチェバリア選手の適時打で先制に成功。なおも2死1、2塁のチャンスで高部瑛斗選手が適時打を放ち、2対0とリードを広げる。援護を受けたロメロ投手は、5回以降も危なげない投球を続け、6回3安打無失点の内容で降板した。

 7回裏、後を受けた2番手・国吉佑樹投手が、制球を乱して無死1、2塁と得点圏に走者を背負ってしまう。しかしここでマウンドを託されたルーキー・廣畑敦也投手が見事なリリーフを見せ、無失点で切り抜けた。8回裏は西野勇士投手、9回裏は守護神・益田直也投手が無失点でつなぎ、2対0で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは先発・ロメロ投手が今季初勝利。連続無失点イニングを「10」に伸ばした。また、エチェバリア選手が打っては2安打1打点、守備では5回裏に好守を見せるなど躍動した。一方敗れた北海道日本ハムは、救援陣が好投するも打線が沈黙し、4連敗となった。

  123456789 計
ロ 000200000 2
日 000000000 0

ロ ○ロメロ-国吉佑樹-廣畑敦也-西野勇士-S益田直也
日 ●上沢直之-玉井大翔-上原健太-杉浦稔大-吉田輝星

文・村井幸太郎

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】エチェバリア 先制のタイムリーヒット!
【動画】エチェバリア 華麗なダブルプレーを披露!
【動画】廣畑敦也 ピンチの場面で見事な火消し!
【動画】ロメロ 6回106球無失点の好投!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM