東北楽天、先発予定だった則本ら6選手のコロナ陽性を発表 チーム活動は継続

2022.4.1(金) 13:34 Full-Count
楽天・則本昂大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
楽天・則本昂大※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

川島、山崎、安田が「特例2022」で3月31日に出場選手登録を外れていた

 楽天は1日、3月31日に実施したPCR検査で、川島慶三内野手、則本昂大投手、アラン・ブセニッツ投手、小深田大翔内野手、安田悠馬捕手、小峯新陸投手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 6選手は現在、隔離療養をしている。1、2軍ともに予定通りチーム活動を継続していく。

 開幕投手を務めた則本は、この日楽天生命パーク宮城で行われる福岡ソフトバンク戦の予告先発投手として公示されていた。前日31日には川島、山崎、安田が「特例2022」対象選手として出場選手登録を外れていたが、さらに大幅な選手入れ替えが行われることになる。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM