サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

19安打14得点と打線爆発の東北楽天が大勝! 先発・田中将大投手は4回3安打2失点

2022.3.15(火) 17:42 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月15日、静岡草薙球場で行われた東北楽天とオリックスのオープン戦は、14対3で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は2回裏、先頭の4番・島内宏明が三塁打で出塁すると、続く5番・和田恋選手が適時打を放ち先制に成功する。なおも1死2、3塁の好機で、8番・安田悠馬選手に2点適時打が飛び出し、この回一挙3得点。さらに3回裏には7番・小郷裕哉選手の犠飛で1点を追加し、リードを4点に広げた。

 試合序盤から援護を受けた田中将大投手は、4回表に突如制球を乱し、押し出しなどで2点を失ったものの、大きく崩れることはなく4回3安打2失点でマウンドを降りた。

 すると4回裏、代打・鈴木大地選手、島内選手が2者連続の適時打を放つと、6番・茂木栄五郎選手にも適時打が生まれ、3点を追加。続く5回裏には、鈴木選手の犠飛や、田中和基選手の適時二塁打でさらに3点を奪い、スコアを10対2とした。

 7回表には、小峯新陸投手が1点を失うも、7回裏には銀次選手と黒川史陽選手の2者連続適時打で3点を奪取。押し出しでも1点を追加し、スコアを14対3とする。11点リードで迎えた8回表は藤平尚真投手が無失点でつなぐと、最終9回表は渡邊佑樹投手が締めて試合終了。14対3で東北楽天が大勝を収めた。

 勝利した東北楽天は、先発・田中投手が4回3安打4四球2失点の内容。後を受けた中継ぎ陣も粘りを見せ、5イニングを1失点に抑えた。打線は計19安打14得点と、つながりを見せ、西川遥輝選手と安田悠馬選手が猛打賞をマークしている。

 一方、敗れたオリックスは先発・山岡泰輔投手が3.1回10安打7失点と大きく崩れ、開幕に向け課題を残した。打線も好機をものにすることができず、悔しい敗戦となった。なお、紅林弘太郎選手が2安打1打点の活躍を見せ、開幕に向けて好調を維持している。

  123456789 計
オ 000200100 3
楽 03133040X 14

オ ●山岡泰輔-中川颯-阿部翔太-K-鈴木-黒木優太
楽 ○田中将大-弓削隼人-西垣雅矢-小峯新陸-藤平尚真-渡邊佑樹

文・矢澤拓郎

関連リンク

和田恋選手の特集動画をチェック
田中将大の動画/記事/成績をチェック
【ASMR】睡眠用パ・リーグ強打者たちの本塁打音「心地よい、響き」
のんべえにオススメ! 楽天生命パーク宮城周辺を満喫するモデルコースを紹介
本日猛打賞!西川遥輝の動画はこちらから

関連チーム記事/TEAM