宮城大弥、山崎颯一郎らがオープン戦初登板も、打線が散発3安打に終わり横浜DeNAに敗北

2022.3.6(日) 16:09 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月6日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAとオリックスのオープン戦は、4対0でオリックスが敗戦した。

 オリックスは宮城大弥投手がオープン戦初登板を果たすと、初回はいきなり2者連続三振を奪う立ち上がりを披露。しかし2回裏は自身の暴投も絡みピンチを背負うと、内野ゴロが野選を招き1点を失う。

 3回裏から登板した山崎颯一郎投手も、牧秀悟選手に適時打を浴びるなど2失点。3番手で登板したルーキー・小木田敦也投手も、6回裏に本塁打を浴び、4点ビハインドで試合は終盤に突入する。

 反撃したい打線だったが、前試合12安打12得点の勢いは影を潜め、横浜DeNAの投手陣の前に散発3安打に終わるなど、攻略の糸口をつかめず。最終9回表も先頭の大下誠一郎選手が出塁したが、後続が倒れ、4対0で試合終了。

 オリックスは連勝ならず。投手陣では宮城投手、山崎颯投手らと主戦が登場したが、それぞれ失点を喫し、次戦に向けて課題が残った。また、4番手・黒木優太投手は、6球で1イニングをシャットアウトする好投を見せている。一方の打線は福田周平選手がマルチ安打と一人気を吐いたが、チームでは3安打にとどまった。

  123456789 計
オ 000000000 0
デ 01200100X 4

オ ●宮城大弥-山崎颯一郎-小木田敦也-黒木優太
デ ○大貫晋一-石川達也-砂田毅樹-山崎康晃

文・小野寺穂高

関連リンク

トミー・ジョン手術、育成契約を経て......山崎颯一郎の選手名鑑をチェック!
【動画】紅林弘太郎『『ドンづまり → フェンス直撃』
【2/24 試合動画】バファローズ打線『ヒット7本中「6本をルーキーが放つ」』
あるぞ、ルーキートリオの開幕1軍! オリックス連覇に必要な“実戦型”野手
ラブライブ!シリーズとパ・リーグ6球団のコラボが決定!コラボ試合開催や限定グッズの販売も

関連チーム記事/TEAM