瀧中瞭太が4回3失点。若手投手陣が躍動も打線が沈黙し、楽天の連勝は「3」でストップ

2022.3.6(日) 16:28 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・瀧中瞭太投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・瀧中瞭太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月6日、甲子園で行われた阪神と東北楽天のオープン戦は、1対3で東北楽天が敗れた。

 東北楽天は瀧中瞭太投手が先発した。初回、2回裏はそれぞれ3者凡退で抑える立ち上がり。しかし3回裏、連打でピンチを招くと熊谷敬宥選手の適時打を浴び、先制点を許す。4回裏には糸井嘉男選手に2ランを浴び、瀧中投手は4回4安打3失点で降板した。

 一方の打線は序盤3回で無安打と、阪神の先発・桐敷拓馬投手の前に沈黙。7回表には相手投手のミスも絡み1点を返したが、反撃はここまで。

 敗れた東北楽天はオープン戦の連勝が「3」で止まった。投手陣では先発の瀧中投手は課題を残したものの、リリーフで登場した若手が躍動。ルーキーの松井友飛投手、吉川雄大投手、西垣雅矢投手がそれぞれ1回無失点で抑える好投を見せると、育成の小峯新陸投手も1回無失点で抑え、アピールを果たした。

 一方の打線は、前試合から一転して沈黙。散発4安打に終わった。和田恋選手、島内宏明選手、鈴木大地選手、黒川史陽選手に2試合連続安打が生まれている。対する阪神は甲子園初勝利を飾り、連敗は「2」でストップ。

  123456789 計
楽 000000100 1
神 00120000X 3

楽 ●瀧中瞭太-松井友飛-吉川雄大-小峯新陸-西垣雅矢
神 ○桐敷拓馬-浜地真澄-湯浅京己-S石井大智

文・小野寺穂高

関連リンク

2試合連続安打!黒川史陽の選手名鑑をチェック
【試合動画】田中和基の華麗なジャンピングキャッチ
【試合動画】鈴木大地の好プレー!
瀧中瞭太の特集動画はこちらから
ラブライブ!シリーズとパ・リーグ6球団のコラボが決定!コラボ試合開催や限定グッズの販売も

関連チーム記事/TEAM