森遼大朗が3回無失点! 高部瑛斗が連日の活躍を見せた千葉ロッテがオリックスに勝利

2022.2.23(水) 15:54 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・森遼大朗投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・森遼大朗投手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月23日、SOKKENスタジアムで行われたオリックスと千葉ロッテの「球春みやざきベースボールゲームズ」2戦目は、4対1で千葉ロッテが勝利。

 千葉ロッテは2回表、岡大海選手の安打と盗塁などで2死3塁の好機を得る。すると、前日3安打の高部瑛斗選手が適時打を放ち、先制。さらに4回表、茶谷健太選手の内野安打などで2死3塁のチャンスをつくり、平沢大河選手の適時打で1点を追加した。
 
 援護をもらった先発の森遼大朗投手は、走者を出しながらも落ち着いた投球で得点を与えず。3回1安打1四球2奪三振無失点と好投し、一軍公式戦初登板に向けてアピールに成功した。

 その後は成田翔投手、横山陸人投手がそれぞれ無失点でつなぐも、7回裏に4番手・山本大貴投手が先頭の太田椋選手に本塁打を浴び1点差に。しかし直後の8回表、1死1塁から安田尚憲選手、吉田裕太選手にそれぞれ適時打が生まれ、再び点差を広げた。

 3点リードの9回裏は、小沼健太投手がイニング跨ぎで登板。オリックス打線を3者凡退で締め、4対1で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、森投手が3回無失点で試合をつくるピッチングを披露。打線では高部選手が先制打を含む2安打1打点と、前日に続く活躍を見せた。一方の敗れたオリックスは、先発の東晃平投手が3回1失点にまとめたが、8回表に登板した齋藤綱記投手が1回3安打2失点と課題が残る内容。打線も太田選手のソロアーチで挙げた1点にとどまった。

  123456789 計
ロ 010100020 4
オ 000000100 1

ロ 森遼大朗-成田翔-横山陸人-山本大貴-小沼健太
オ 東晃平-中川颯-K-鈴木-齋藤綱記-山田修義

文・高橋優奈

関連リンク

【動画】森遼大朗が3回1安打無失点の好投
【動画】平沢大河のタイムリーヒットで追加点
【動画】吉田裕太がタイムリーツーベース
【動画】太田椋 滞空時間の長い一発

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM