【オリックス紅白戦】頓宮裕真が逆転2ラン! 実戦初登板の山岡泰輔は1回無失点

2022.2.20(日) 13:41 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 頓宮裕真選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 頓宮裕真選手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月20日、SOKKENスタジアムで行われたオリックスの紅白戦は、4対3で紅組が勝利した。

 紅組は初回、白組の先発・山崎福也投手から来田涼斗選手、紅林弘太郎選手の連打で好機をつくると、続く太田椋選手の打球が相手の落球を誘う。その間に来田選手が生還し、1点を先制した。

 紅組の先発・能見篤史投手は、初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露。しかし2回裏、中川圭太選手の二塁打などで無死2、3塁のピンチを背負う。続く小田裕也選手の内野ゴロの間に1点を失い、なおもピンチが続いたが、後続を断ち切り最少失点で切り抜けた。

 3回裏に2番手で登板した田嶋大樹投手は、1死から渡部遼人選手にフェンス直撃の二塁打を浴びると、山足達也選手に適時打、杉本裕太郎選手に適時二塁打を許し、2点を失う。4回裏は、伏見寅威選手に二塁打を浴びながらも無失点で抑え、2回2失点の内容だった。

 2対3で迎えた6回表は、1死1塁から頓宮裕真選手がレフトへ逆転2ラン。最終6回裏をバルガス投手が3者凡退で締め、4対3で試合終了。

 両先発の能見投手、山崎福投手はそれぞれ2回1失点。3番手でマウンドに上がった山岡泰輔投手は、得点圏に走者を背負うも1回無失点の投球を披露した。打線では、来田涼斗選手、太田椋選手ら若手がマルチ安打をマークし、存在感を示した。

  123456 計
紅 100102 4
白 012000 3

紅 能見篤史-田嶋大樹-山岡泰輔-バルガス
白 山崎福也-竹安大知-比嘉幹貴-吉田凌

文・高橋優奈

関連リンク

頓宮裕真選手の選手名鑑はこちら
【動画】太田椋の好守備
【動画】渡部遼人が俊足巧打を魅せつけアピール
【動画】宜保翔が背ネーム変更について語る

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM