東北楽天が福岡ソフトバンク戦力外の釜元豪と育成で入団合意「死ぬ気で頑張ります」

2021.12.9(木) 16:52 Full-Count
今季まで福岡ソフトバンクでプレーした釜元豪※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)
今季まで福岡ソフトバンクでプレーした釜元豪※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

福森、引地、佐藤ら6選手との育成契約も発表

 楽天は9日、今季まで福岡ソフトバンクでプレーした釜元豪外野手と育成選手として入団基本合意したと発表した。2011年育成ドラフト1位で福岡ソフトバンクに入団した釜元は、今季まで通算145試合に出場して打率.222だった。

 釜元は「もう一度、NPBで野球をするチャンスを与えてくださった楽天イーグルスに恩返しができるように、来シーズン、死ぬ気で頑張ります。東北のファンの皆さんに早く顔と名前を覚えていただけるよう、スタートからしっかりアピールしていきたいと思います」とコメントした。

 また楽天は福森耀真投手、引地秀一郎投手、佐藤智輝投手と2022シーズンの育成選手契約に合意したことも発表。森雄大投手、清宮虎多朗投手、吉持亮汰内野手とは育成再契約を結んだ。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM