オリックス・山本由伸が初の「沢村賞」受賞 選考基準7項目のうちクリアした5項目は?

2021.11.22(月) 17:13 Full-Count
オリックス・山本由伸※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
オリックス・山本由伸※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

今季18勝5敗、防御率1.39でリーグ優勝に貢献した山本

 日本野球機構(NPB)は22日、オリックスの山本由伸投手が2021年の「沢村賞」に選ばれたと発表した。この日、都内で選考委員会が行われ、山本の受賞が決まった。

 山本は今季26試合に登板して18勝5敗、防御率1.39の好成績をマークし、エースとしてオリックスのリーグ優勝に大きく貢献。最多勝や最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率とタイトルを総ナメにしていた。

 沢村賞の選考基準は「25登板以上」「完投10試合以上」「15勝以上」「勝率6割以上」「200投球回以上」「150奪三振以上」「防御率2.50以下」の7項目。山本はこのうち「10完投以上」「200投球回」を除く5項目(26先発、18勝、勝率.783、206奪三振、防御率1.39)をクリアしており、文句なしの受賞だった。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER