荻野貴司のサヨナラタイムリーで千葉ロッテが「M4」! 佐々木朗希は6回11Kの好投

2021.10.23(土) 17:18 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・荻野貴司選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・荻野貴司選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月23日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第22回戦は、4対3で千葉ロッテがサヨナラ勝利。優勝マジックを「4」に減らした。

 千葉ロッテの先発は、後半戦好投を続けている佐々木朗希投手。初回から2奪三振と上々の立ち上がりを披露すると、その後も毎回奪三振の快投で5回まで得点を許さない。

 すると先発の熱投に打線が応える。3回裏、先頭の7番・岡大海選手が安打で出塁し、進塁打や四球などで2死1、3塁のチャンスをつくると、2番・中村奨吾選手の適時二塁打で2点を先制。さらに3番・マーティン選手も適時二塁打で続き、3点のリードを得た。

 援護を受けた後の4回表には、佐々木朗投手が前の回から続き4者連続三振と圧巻の投球を披露。しかし6回表、1死から連打を許し、バッテリーミスも絡んで1死2、3塁のピンチに。すると近藤健介選手の二ゴロの間に1点を失い、続く高濱祐仁選手には適時打を浴びて1点差に迫られる。

 先発・佐々木朗投手は6回92球4安打1四球11奪三振2失点(自責点0)の内容で降板し、7回表は国吉佑樹投手が2つの四球を与えるも無失点。しかし8回表、3番手・佐々木千隼投手が1死から二塁打を許すと、失策の間に2塁走者が生還し、試合は振り出しに。

 9回表は益田直也投手が3者凡退に抑え、サヨナラ勝利に期待がかかった9回裏。先頭の岡選手が四球を選び、続く藤岡裕大選手と加藤匠馬選手の犠打が野選や失策を誘い無死満塁と絶好のチャンスをつかむ。すると、1番・荻野貴司選手がライト方向へ適時打を放ち、試合終了。

 千葉ロッテは追い付かれて迎えた最終回にサヨナラ勝利で、マジックを「4」に減らした。先発の佐々木朗投手が6回まで毎回奪三振となる11奪三振2失点(自責点0)の好投。一方の北海道日本ハムは、後半に追い付くも、最終回に杉浦稔大投手が1アウトも奪えず誤算だった。

  123456789  計
日 000002010  3
ロ 003000001X 4

日 河野竜生-玉井大翔-井口和朋-B.ロドリゲス-●杉浦稔大
ロ 佐々木朗希-国吉佑樹-佐々木千隼-○益田直也

文・川邊理奈

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】荻野貴司選手のサヨナラタイムリー!
【動画】キャプテン・中村奨吾選手の先制打!
プロ入り初の2桁奪三振!佐々木朗希投手をチェック
【動画】岡大海選手のファインプレー!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM