岡大海が今季2本目のサヨナラ弾! 2本塁打で劇的勝利の千葉ロッテがマジック「8」

2021.10.15(金) 21:33 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・岡大海選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・岡大海選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月15日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第22回戦は、3対1で千葉ロッテがサヨナラ勝利。前日に点灯したマジックを「8」に減らし、優勝へとまた一歩前進した。

 千葉ロッテの先発・岩下大輝投手は、初回から3四球を与えるなど、度々得点圏に走者を置きながらも、4回までを無失点に抑える粘投を見せる。しかし5回表、2死1、3塁の場面で、自らの暴投の間に先制点を奪われた。

 打線は先制を許した直後の5回裏、加藤匠馬選手の2号ソロですぐさま同点に追い付く。さらに6回表には、5回3安打1失点の岩下投手から唐川侑己投手にスイッチする強気の継投で、一気に流れを引き戻した。

 5回にそれぞれ1点ずつを取って以降は均衡状態が続き、互いに安打が出ないまま試合は最終9回の攻防へ。守護神・益田直也投手が9回表を3者凡退で切り抜けると、9回裏、2死1塁とサヨナラの走者を置き、打席には岡大海選手。5球目をフルスイングした打球がレフトスタンドギリギリへと飛び込むサヨナラ弾となり、試合終了。3対1で千葉ロッテが劇的勝利を飾った。

 勝利した千葉ロッテは、チーム全体で3安打と抑え込まれていたが、加藤選手の同点弾と岡選手のサヨナラ弾の2本塁打で試合を決めた。一方敗れた福岡ソフトバンクは、5回に先制したものの、6回以降は安打が出ず。救援陣が何とか踏ん張っていたが、最終回で力尽きた。

  123456789  計
ソ 000010000  1
ロ 000010002X 3

ソ 笠谷俊介-板東湧梧-古谷優人-甲斐野央-●森唯斗
ロ 岩下大輝-唐川侑己-国吉佑樹-佐々木千隼-○益田直也

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合の詳細はこちら
【動画】加藤匠馬の同点弾
岩下大輝投手の特集動画をチェック
【動画】岡大海の劇的サヨナラ弾!
笠谷俊介投手名鑑

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM