【ファーム】斎藤佑樹がファーム本拠地最終登板。北海道日本ハムは投打振るわず敗戦

2021.10.3(日) 15:35 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月3日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムにて行われた北海道日本ハムと横浜DeNAのイースタン・リーグ公式戦、第20回戦は1対6で北海道日本ハムが敗戦。

 北海道日本ハムの先発は吉田輝星投手。初回、先頭の蝦名達夫選手に先頭打者本塁打を浴びると、伊藤裕季也選手に10号ソロ、山下幸輝選手に適時二塁打を許して3失点を喫する。続く2回表は3者凡退に抑え、2回4安打3失点でマウンドを降りた。

 3回から継投に入った投手陣は根本悠楓投手、松本遼大投手とつなぎ、6回表には10月1日に今季限りの現役引退を発表した斎藤佑樹投手が登板。先頭の乙坂智選手を空振り三振に打ち取り、ファーム本拠地での最終登板を終えた。

 打線は大田泰示選手、清宮幸太郎選手に長打が生まれるも、後が続かず。6回、7回と救援陣も本塁打で失点を喫し、0対6とリードを広げられる。9回裏、樋口龍之介選手の二塁打から1死3塁のチャンスをつくり、田宮裕涼選手の内野ゴロの間に1点を返すが、最後は万波中正選手が三振に倒れ、1対6で試合終了。

 敗れた北海道日本ハムは、先発・吉田投手が2回3失点の内容。2番手・根本投手が2イニングを無安打無失点に抑える好投を見せたが、投手陣全体で4被弾と一発に泣く展開となった。一方の打線も3安打1得点のみに終わり、味方を援護できなかった。

  123456789 計
デ 300001200 6
日 000000001 1

デ 上茶谷大河-○スターリン-進藤拓也-武藤祐太-シャッケルフォード-加藤大-池谷蒼大
日 ●吉田輝星-根本悠楓-松本遼大-斎藤佑樹-谷川昌希-田中瑛斗-鈴木遼太郎-村田透

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】斎藤佑樹投手のファーム本拠地最終登板
【動画】2イニングを無失点に抑える好投を見せた根本悠楓投手
1回を無失点に抑えた育成1位ルーキー・松本遼大投手をチェック
ファーム注目シーンを動画で

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM