• パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 福岡ソフトバンク・松田宣浩が史上44人目の通算300本塁打達成。球団では松中信彦、小久保裕紀らに次ぎ5人目

福岡ソフトバンク・松田宣浩が史上44人目の通算300本塁打達成。球団では松中信彦、小久保裕紀らに次ぎ5人目

2021.9.29(水) 19:19 Full-Count 福谷佑介
通算300本塁打を放った福岡ソフトバンク・松田宣浩※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)
通算300本塁打を放った福岡ソフトバンク・松田宣浩※写真提供:Full-Count(画像:パーソル パ・リーグTV)

福岡ソフトバンクでの300本塁打達成は史上5人目となる

■福岡ソフトバンク ー 埼玉西武(29日・PayPayドーム)

 福岡ソフトバンクの松田宣浩内野手が史上44人目の通算300本塁打を達成した。29日に本拠地・PayPayドームで行われた埼玉西武戦に「5番・三塁」でスタメン出場すると、3回の第3打席で13号2ランを放ち、節目の一発となった。

 3回、2点を追加して、なおも2死一塁のチャンスで打席に立った松田。埼玉西武先発・浜屋のボールを捉えると、高々と舞い上がった打球は左翼ホームランテラス席に飛び込んだ。ダイヤモンドを一周すると、恒例の「熱男」ポーズ。さらに、指で「300」と作り、ファンを沸かせていた。

 中京高、亜大を経て2005年の希望入団枠で福岡ソフトバンクに入団した松田。ルーキーイヤーから62試合に出場すると、3年目の2008年にはレギュラーに定着。2015年に自身最多の35本塁打を放つなど、昨季まで8年連続2桁本塁打を放ち、プロ16年目での通算300本塁打達成となった。

 福岡ソフトバンク(前身の南海、福岡ダイエー含む)での300本塁打達成は野村克也(645本)、門田博光(503本)、松中信彦(352本)、小久保裕紀(319本)に次いで、球団史上5人目となる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 福岡ソフトバンク・松田宣浩が史上44人目の通算300本塁打達成。球団では松中信彦、小久保裕紀らに次ぎ5人目