オリックスが7回一挙5得点で逆転勝利! 紅林弘太郎が走者一掃の逆転タイムリー

2021.9.22(水) 21:18 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・紅林弘太郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・紅林弘太郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月22日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第18回戦は、5対3でオリックスが勝利。首位・千葉ロッテとのゲーム差を「2.5」に縮めた。

 オリックスの先発は、いまだ勝ち星のない山崎颯一郎投手。4回まで1安打2四球無失点の好投をみせていたが、5回表に2死2塁から淺間大基選手の適時二塁打で先制を許す。なおも、6回表途中で山崎颯投手が降板すると、2番手・海田智行投手、3番手・吉田凌投手もつかまり、連続安打で無死満塁のピンチを招くと、犠飛やスクイズでさらに2点を失った。

 一方の打線は、相手先発・伊藤大海投手を前に走者を進めることができずにいたが、4回以降徐々に捉え始めると、ついに好機が訪れる。7回裏、5番・T-岡田選手、6番・モヤ選手、7番・安達了一選手が連続安打を放つと、1死満塁から9番・伏見寅威選手の適時打で1点を返す。伊藤投手を引きずり下ろすと、遊ゴロの間にさらに1点を返し、四球で再び満塁に。ここで3番・紅林弘太郎選手が走者一掃となる適時三塁打を放ち、5対3と逆転に成功した。

 7回以降は、山田修義投手、ヒギンス投手、平野佳寿投手が1イニングずつを危なげない投球で投げ切り試合終了。勝利したオリックスは、7回に打線が爆発し一気に逆転。先発の山崎颯投手は6回途中2失点の粘投を見せ、4番手・山田投手が今季初白星を収めた。一方、敗れた北海道日本ハムは先発の伊藤投手が7回につかまり、援護を守りきれなかった。

  123456789 計
日 000012000 3
オ 00000050X 5

日 ●伊藤大海-宮西尚生-鈴木健矢-上原健太
オ 山崎颯一郎-海田智行-吉田凌-○山田修義-ヒギンス-S平野佳寿

文・川邊理奈

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】紅林弘太郎選手の逆転タイムリー
【動画】山田修義投手の投球をチェック
山崎颯一郎投手の名鑑をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM