千葉ロッテが2試合連続完封勝利! 石川歩が復帰後初白星、藤原恭大は決勝犠飛&好守

2021.9.20(月) 17:17 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・石川歩投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・石川歩投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月20日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと千葉ロッテマリーンズの第18回戦は、1対0で千葉ロッテが勝利。カード勝ち越しを飾り、2位・オリックスとのゲーム差を3.5に広げた。

 北海道日本ハムの先発・河野竜生投手は初回、先頭の荻野貴司選手に二塁打を許すも、後続を断ち無失点に。一方の千葉ロッテ先発・石川歩投手も、初回に2死から野村佑希選手に二塁打を浴びたが、無失点で切り抜ける。以降も両者一歩も譲らず、4回、5回はともに3者凡退に抑えるなど、試合前半は息の詰まる投手戦が繰り広げられた。

 均衡が破れたのは6回表。9番・加藤匠馬選手の二塁打、犠打で1死3塁の好機をつくると、続く2番・藤原恭大選手の犠飛で千葉ロッテが1点の先制に成功する。

 石川投手は6回無失点の好投で救援陣にマウンドを託す。7回裏はハーマン投手が王柏融選手に安打を許すも無失点で切り抜けると、8回裏は佐々木千隼投手がマウンドへ。石井一成選手の安打、犠打などで1死2、3塁とピンチを迎えるも、エチェバリア選手の好守もあり無失点に抑え、試合は最終回へ。

 9回裏は国吉佑樹投手が四球、犠打などで2死1、2塁のピンチを招くも、リードを守り切って試合終了。1対0で勝利した千葉ロッテは、先発・石川投手がコースをつく丁寧な投球で6回3安打無四死球3奪三振無失点の好投を披露。5月7日ぶりとなる復帰後初白星を飾り、カード勝ち越しを決めた。

 一方敗れた北海道日本ハムは、先発・河野投手が6.1回3安打2四球3奪三振1失点と粘りの投球も、打線の援護に恵まれず。2試合連続で完封負けを喫した。

  123456789 計
ロ 000001000 1
日 000000000 0

ロ ○石川歩-ハーマン-佐々木千隼-S国吉佑樹
日 ●河野竜生-鈴木健矢-井口和朋-上原健太

文・山本理絵

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】石川歩投手の投球をチェック
【動画】藤原恭大選手のジャンピングキャッチ
【動画】エチェバリア選手のダイビングキャッチ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM