千葉ロッテ対北海道日本ハムは引き分けに。安田尚憲が4試合連続タイムリーを放つ

2021.9.4(土) 20:43 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月4日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと北海道日本ハムの第14回戦は、3対3で引き分けに終わった。

 千葉ロッテは初回、藤原恭大選手の安打などで2死1、2塁から、レアード選手の適時二塁打、安田尚憲選手の適時二塁打で3点を先制。しかし、先発の鈴木昭汰投手が2回表に木村文紀選手の1号ソロ、3回表には自身の暴投で1点差に詰め寄られると、5回表に西川遥輝選手、野村佑希選手、近藤健介選手の3連打で試合は振り出しに。

 続くピンチは2番手・東妻勇輔投手が無失点に抑えると、6回表はハーマン投手が走者を出しながらも無失点でつなぐ。以降は7回表を国吉佑樹投手、8回表を佐々木千隼投手が3者凡退に抑えると、9回表は益田直也投手が1死2塁とされるも、無失点で切り抜けた。

 一方の打線は、5回以降無安打と北海道日本ハムの継投を捉えられず。9回裏に2死から荻野貴司選手が内野安打と盗塁で得点圏に進んだが、最後は藤原恭大選手が空振り三振に倒れて試合終了。

 千葉ロッテは、鈴木投手が4.0回9安打2四球5奪三振3失点の内容。打線は安田選手4試合連続適時打などで初回に3得点も、以降は当たりが出なかった。一方の北海道日本ハムは、先発の加藤貴之投手が5回6安打1死球5奪三振3失点、以降は中継ぎ陣が無失点でつないだが、打線が11安打を放ちながらも3得点とつながりを欠いた。

  123456789 計
日 011010000 3
ロ 300000000 3

日 加藤貴之-玉井大翔-宮西尚生-堀瑞輝-ロドリゲス
ロ 鈴木昭汰-東妻勇輔-ハーマン-国吉佑樹-佐々木千隼-益田直也

文・東海林諒平

関連リンク

動画/スコアはこちら
安田尚憲選手の直近の成績をチェック
レアード選手の名鑑はこちら
近藤健介選手の動画/記事/成績をチェック
木村文紀選手の移籍後初本塁打を動画で

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM