【ファーム】豆田泰志が公式戦初勝利! 川野涼多の勝ち越し打で埼玉西武が逆転勝利

2021.8.26(木) 16:39 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・豆田泰志投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・豆田泰志投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月26日、CAR3219フィールドにて行われた埼玉西武と東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第14回戦は8対3で埼玉西武が勝利。

 埼玉西武の先発・豆田泰志投手は、初回から奥村展征選手の適時打で1点を失う。なんとか立て直したいところだったが、2回表には内山壮真選手の7号ソロ、3回表にも太田賢吾選手の適時打でそれぞれ1失点。序盤に3点のリードを許す形となった。

 打線は3回裏、1死から9番・川野涼多選手が2号ソロを放つと、続く1番・金子侑司選手にも1号ソロが生まれ1点差に詰め寄る。豆田投手が4回表を3者凡退に抑えてリズムをつくり、4回裏には1死1塁から8番・長谷川信哉選手の適時二塁打で同点、さらに川野選手の適時二塁打で勝ち越しに成功した。

 5回表の豆田投手は2死1、3塁のピンチを招いたものの、無失点に抑えて5回7安打3四球3失点で降板。打線は5回裏に高木渉選手の二塁打などで好機を得ると、相手失策も絡んで2点を追加する。7回表は北海道日本ハムからトレード移籍の公文克彦投手が登板。3塁に走者を背負うも、最後は内山選手を空振り三振に打ち取って移籍後初登板を終えた。

 7回裏にも相手失策で2点を加え、5点リードとなった8回表を小川龍也投手、9回表を田村伊知郎投手がそれぞれ3者凡退に抑えて8対3で試合終了。埼玉西武は、川野選手がソロ本塁打含む2安打2打点の活躍で逆転勝利に貢献。投手陣も4回以降は無失点でつないで連敗ストップ、先発の豆田投手はファーム公式戦でプロ初勝利となった。

  123456789 計
ヤ 111000000 3
西 00222020X 8

ヤ ●高梨裕稔-久保拓眞-蔵本治孝-田口麗斗
西 ○豆田泰志-大曲錬-公文克彦-小川龍也-田村伊知郎

文・丹羽海凪

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
プロ入り初勝利!豆田泰志投手名鑑
反撃ソロに決勝打の活躍を見せた川野涼多選手の動画はこちら
移籍後初登板の公文克彦投手をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM