則本昂大が6回途中8奪三振無失点の好投! 楽天が阪神との接戦を制す

2021.8.10(火) 21:02 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月10日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と阪神の「2021プロ野球エキシビションマッチ」は、2対0で楽天が勝利した。

 楽天の先発は、前半戦で7勝をマークしている則本昂大投手。初回、1死1、3塁のピンチを背負うが、阪神の4番・大山悠輔選手を併殺打に打ち取り無失点の立ち上がりを見せる。2回以降は走者を出しながらも粘り強い投球で無失点に抑えていく。4回表には、2死から連打で1、2塁とされたが、坂本誠志郎選手を見逃し三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

 一方の打線は、阪神先発の藤浪晋太郎投手の直球と切れ味鋭い変化球を前に得点が奪えない。しかし4回裏、先頭の2番・鈴木大地選手が安打で出塁すると、3番・茂木栄五郎選手が適時二塁打を放ち先制に成功。さらに4番・島内宏明選手も適時二塁打で続き、藤浪投手から2点を奪った。
 
 援護をもらった則本投手は、5回表の阪神の攻撃を3者凡退に。流れを引き寄せる投球を見せると、6回表のマウンドにも上がる。打者2人を抑えたところで降板するが、5.2回4安打8奪三振無失点の内容で、シーズン後半戦へ順調な仕上がりを見せた。

 楽天投手陣は、福井優也投手、西口直人投手、安樂智大投手が無失点リレーを見せ、最終回は松井裕樹投手が登板。代打・原口文仁選手を三振に打ち取るなど3者凡退に抑える。特別ルールで楽天も9回裏の攻撃を行ったが、無得点で試合終了。楽天は投手陣が阪神打線を無失点に抑えると、中軸が勝負強さを見せてエキシビションマッチの最終戦を白星で締めくくった。

  123456789 計
神 000000000 0
楽 000200000 2

神 藤浪晋太郎-石井大智-馬場皐輔-齋藤友貴哉-アルカンタラ
楽 則本昂大-福井優也-西口直人-安樂智大-松井裕樹

文・木村圭

関連リンク

茂木栄五郎選手の先制タイムリーツーベースを動画でチェック
好投を見せた則本昂大投手の選手名鑑

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM