三森大貴が一時逆転弾! 最大5点差を追い付いた鷹が引き分けに持ち込む

2021.8.4(水) 21:43 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・三森大貴投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・三森大貴投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月4日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人の「2021プロ野球エキシビションマッチ」は、6対6で引き分けに終わった。

 福岡ソフトバンクの先発・C.スチュワート・ジュニア投手は初回から2イニングを無失点で切り抜けるも、3回表に巨人打線に捉えられる。岡本和真選手とウィーラー選手の連続本塁打を含む4安打の集中攻撃を受け、この回5失点。3回5安打1四球2奪三振5失点の内容でマウンドを降りた。

 しかし打線は直後の3回裏、2死1、3塁の好機を作ると、アルバレス選手と中村晃選手に連続適時打が生まれ2点を返す。5回裏にはアルバレス選手がソロ本塁打を放つと、なおも2死2塁とし真砂勇介選手の適時二塁打で1点差に迫る。

 さらに6回裏、四球で走者を一人置き打席には三森大貴選手。「チャンスだったので、なんとか一本という気持ちで打席に入りました」と、捉えた打球はライトスタンドへ。最大5点差をひっくり返す逆転2ランで、ついに福岡ソフトバンクがリードする。しかし7回表に同点適時打を浴び、同点のまま試合は9回へ。

 9回表は板東湧梧投手がピンチを招きながらも無失点で抑えたが、9回裏に快音は響かず6対6で試合終了。最大5点差をひっくり返し、引き分けに持ち込んだ。松本裕樹投手は3回1安打無失点の好リリーフ。打線ではアルバレス選手が2安打2打点の活躍で、後半戦への期待値をさらに高める結果となった。

  123456789 計
巨 005000100 6
ソ 002022000 6

巨 戸田懐生-畠世周-大江竜聖-田中豊樹-デラロサ-高梨雄平-ビエイラ
ソ C.スチュワート・ジュニア-松本裕樹-甲斐野央-津森宥紀-嘉弥真新也-板東湧梧

文・小野寺穂高

関連リンク

三森大貴選手の動画/記事/成績はこちら
気になる新戦力・アルバレス選手の活躍を動画でチェック!
好投を見せた松本裕樹投手の選手名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM