サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

真砂勇介が先制ホームランも、3安打1得点に終わり鷹対燕は引き分けに

2021.7.30(金) 21:08 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・真砂勇介選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・真砂勇介選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月30日、Paypayドームで行われた福岡ソフトバンクと東京ヤクルトの「2021プロ野球エキシビションマッチ」は、1対1で引き分けに終わった。

 福岡ソフトバンクの先発は東浜巨投手は、時折走者を許しながらも、要所を締める投球で得点は与えず、4回2安打無四死球5奪三振無失点で降板。一方の打線は2回裏に真砂勇介選手の逆方向へのソロホームランで先制に成功した。

 福岡ソフトバンクは5回表を高橋礼投手が3者凡退に抑えるも、6回表に津森宥紀投手が2四球からピンチを招き、坂口智隆選手の適時打で試合は振り出しに。以降は7回表を甲斐野央投手、8回表から2イニングを板東湧梧投手が無失点でつないだが、打線が東京ヤクルトの2番手・原樹理投手、3番手・木澤尚文投手の前に2安打に終わり、1対1で試合終了。投手陣が1失点リレーも、打線が3安打1得点と援護できなかった。

  123456789 計
ヤ 000001000 1
ソ 010000000 1

ヤ 石川雅規-原樹理-木澤尚文
ソ 東浜巨-高橋礼-津森宥紀-甲斐野央-板東湧梧

文・東海林諒平

関連リンク

真砂勇介選手の動画/記事/成績をチェック
先発した東浜巨投手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM