呉念庭、中村剛也、山川穂高の一発で埼玉西武が快勝! 高橋光成は7回3失点で8勝目

2021.7.14(水) 20:33 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・呉念庭(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・呉念庭(C)パーソル パ・リーグTV

 7月14日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第14回戦は、8対3で埼玉西武が勝利。前半戦最終戦を白星で飾った。

 埼玉西武は3回裏、四球などで2死1塁から、4番・中村剛也選手の適時打で先制に成功。5番・栗山巧選手も安打でこれに続くと、6番・呉念庭選手が7号3ランを放ち、リードを4点に広げる。呉選手は「昨日から着ている彩虹ユニフォーム、虹色のライオンが超カッコいいです。このライオンから力をもらって、ホームランを打つことができました。前半戦最終戦ですので、勝利で締めくくりたいです」とコメントした。

 埼玉西武の先発・高橋光成投手は、初回から3回まで毎回3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露。援護を受けた直後の4回表に、4番・マーティン選手と6番・安田尚憲選手の適時打で3点を失うも、リードは譲らず7回3失点(自責点2)でマウンドを降りた。

 7回裏には中村選手の9号2ラン、8回裏は7番・山川穂高選手の13号2ランでリードを広げると、9回表は平井克典投手が無失点に抑えて試合終了。勝利した埼玉西武は、高橋光成投手が7回98球4安打無四死球3失点(自責点2)の好投で8勝目を挙げた。打線も一発攻勢で得点を重ね、リードを守り切った。一方、敗れた千葉ロッテは、先発・小島和哉投手が3回4安打3四死球4失点と振るわず。打線も好機をものにできなかった。

  123456789 計
ロ 000300000 3
西 00400022X 8

ロ ●小島和哉-東妻勇輔-小野郁-田中靖洋-ハーマン-二木康太
西 ○高橋光成-ギャレット-平井克典

文・後藤万結子

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
呉念庭選手の特集動画をチェック
中村剛也選手名鑑
山川穂高選手の直近の成績はこちら
マーティン選手の動画/記事/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM