立野和明が5回無失点でプロ初勝利! 北海道日本ハムが楽天との接戦を制する

2021.6.30(水) 21:44 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・立野和明投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・立野和明投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月30日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と北海道日本ハムの第14回戦は、3対0で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムは2回表、先頭の4番・王柏融選手が四球で出塁すると、続く5番・野村佑希選手が安打でつないで、無死1、3塁のチャンスをつくる。ここで迎えた6番・渡邉諒選手が変化球をライト前に弾き返す適時打を放ち、楽天の先発・田中将大投手から先制点を奪った。

 北海道日本ハムの先発・立野和明投手は立ち上がりから得点圏に走者を背負いながらも、要所を締める粘りの投球で楽天打線を0点に抑える。すると中盤からは徐々に調子を上げ、4回裏からは2イニング連続で3者凡退に打ち取り、5回まで無失点で投げ切った。

 わずかに1点をリードする北海道日本ハムは6回から継投へ。2番手・河野竜生投手が6回裏を抑えると、7回裏は堀瑞輝投手がピンチを招きながらも、味方の好守にも助けられて無失点で切り抜ける。すると打線は直後の8回表、楽天の2番手・森原康平投手を攻め立てて2死2、3塁とすると、野村選手に2点適時打が生まれ、待望の追加点を奪った。

 リードを3点に広げた北海道日本ハムは8回裏、B.ロドリゲス投手が2死3塁のピンチをしのぐと、9回裏は守護神・杉浦稔大投手がマウンドへ。1死から安打を許すも、最後は併殺で締めて3対0で試合終了となった。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の立野投手が5回3安打3奪三振4四球無失点の好投でプロ初勝利。6回から後を受けたリリーフ陣も無失点リレーでアシストした。また、打線では野村選手が2安打2打点の活躍を見せた。一方、敗れた楽天は先発の田中投手が7回1失点と試合をつくるも、打線が北海道日本ハム投手陣の前に無得点と援護できなかった。

  123456789 計
日 010000020 3
楽 000000000 0

日 ○立野和明-河野竜生-堀瑞輝-B.ロドリゲス-S杉浦稔大
楽 ●田中将大-森原康平-内間拓馬

文・和田信

関連リンク

試合詳細をチェック
プロ初勝利!立野和明投手の選手名鑑はこちら
先制タイムリー!パ・リーグ.comで渡邉諒選手をチェック
田中将大投手の直近の成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM