福岡ソフトバンク・レイが6回1失点で来日初勝利! 三森大貴は猛打賞の活躍

2021.6.22(火) 21:25 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・レイ投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・レイ投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月22日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと福岡ソフトバンクの第9回戦は、6対4で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、先頭の三森大貴選手が三塁打で出塁すると、2番・中村晃選手の犠飛で本塁に生還し、幸先よく1点を先制。3回表には、9番・松田宣浩選手と三森選手の連打などで1死2、3塁とすると、3番・柳田悠岐選手の犠飛で1点を追加し、序盤から2点のリードを奪う。

 4回表には8番・今宮健太選手の適時打で1点を追加するなど、頼もしい援護を受けた先発のレイ投手は、初回を3者凡退に抑えると、以降も好投を披露。5回裏に9番・高部瑛斗選手の適時打で1点を失ったが、粘りの投球で6回2安打1失点で降板した。

 打線は7回表、松田選手と三森選手の連打で好機を演出すると、中村選手が今日2本目の犠飛を放ち、1点を追加。なおも2死2塁の好機で、柳田選手に16号2ランが生まれ、リードを5点に広げる。

 7回裏は2番手・津森宥紀投手が3者凡退に抑えたが、8回裏に泉圭輔投手が中村奨吾選手の5号2ランで2失点、最終9回裏も岩嵜翔投手が代打・菅野剛士選手に2号ソロを被弾。2点差まで迫られたが、最後は高部選手を打ち取って試合終了。福岡ソフトバンクが6対4で勝利し、引き分けを挟んでの連敗を「4」で止めた。

 勝利した福岡ソフトバンクは、レイ投手が6回2安打5四球6奪三振1失点の好投で来日初勝利を挙げた。打線も好機を逃さず得点し、投打がかみ合っての勝利となった。一方、敗れた千葉ロッテは、先発・二木康太投手が7回11安打8奪三振6失点(自責点5)と粘りきれず。打線は、中盤以降奮起するも、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
ソ 101100300 6
ロ 000010021 4

ソ ○レイ-津森宥紀-泉圭輔-S岩嵜翔
ロ ●二木康太-小野郁-大嶺祐太

文・後藤万結子

関連リンク

パ・リーグ.comで試合の詳細をチェック!
来日初勝利!レイ投手をパ・リーグ.comでチェック
本日猛打賞の三森大貴の特集動画はこちら
二木康太投手選手名鑑
12年連続2桁盗塁を達成!荻野貴司選手の動画/記事/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM