内海哲也が今季初勝利! 岸潤一郎も先頭打者本塁打含む3安打2打点で埼玉西武が勝利

2021.6.10(木) 21:10 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・内海哲也投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・内海哲也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月10日、メットライフドームで行われた埼玉西武と横浜DeNAの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第3回戦は、5対3で埼玉西武が勝利。

 埼玉西武の先発・内海哲也投手は1回表、横浜DeNAの5番・ソト選手の適時打で1点を先制される。しかし打線は直後の1回裏、1番・岸潤一郎選手の先頭打者本塁打ですぐさま同点に。さらに2回裏、8番・柘植世那選手の二塁打の間に1塁走者・スパンジェンバーグ選手が好走塁で生還。タイムリーとなり1点を勝ち越すと、なおも1死3塁と好機を拡大し、岸選手が適時打を放ち3対1とした。

 3回裏には四死球で2死満塁の好機を得ると、柘植選手が押し出し四球を選び1点を追加。直後の4回表に内海投手が牧秀悟選手の11号2ランを被弾し1点差に詰め寄られるも、4回裏には栗山巧選手が「食らいつきました!」と適時打を放ち、再びリードを広げる。

 内海投手は5回表を無失点に抑え、5回6安打1四球3奪三振3失点で勝ち投手の権利を持って降板。継投策に入った6回表からは救援陣が8回まで無失点でつなぎ、9回表には平良海馬投手がマウンドへ。2016年中日の田島慎二投手以来、2リーグ制以降プロ野球タイ記録の開幕31試合連続無失点がかかる登板となったが、危なげなく3人で締め5対3で試合終了。

 埼玉西武は先発・内海投手が「前回登板のこともあったので、今日は何とかしなければ、と思いマウンドに上がりました。横浜DeNA打線はよく打つのは分かっていたので、とにかく粘り強く、粘り強く投げようと思っていました」と5回3失点で今季初勝利。女房役の柘植選手についても「いいリードをしてくれました」とねぎらった。打線はその柘植選手が適時打含む2打点の活躍。1番の岸選手も先頭打者本塁打含む3安打2打点をマークした。

  123456789 計
デ 100200000 3
西 12110000X 5

デ ●坂本裕哉-国吉佑樹-三上朋也-石田健大-櫻井周斗
西 ○内海哲也-宮川哲-十亀剣-武隈祥太-ギャレット-S平良海馬

文・丹羽海凪

関連リンク

6/10 ファイターズ対タイガース結果
6/10 イーグルス対ドラゴンズ結果
6/10 マリーンズ対スワローズ結果
6/10 バファローズ対ジャイアンツ結果
6/10 ホークス対カープ結果
【ファーム】6/10 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】6/10 ライオンズ対スワローズ結果
【ファーム】6/10 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM